「あ〜」「う〜」「え〜」スピーチでつい出る唸り声、聞く側にとって耳障りなだけではありません。話そうとするエネルギーの無駄遣い!をしていることになるのです。

続きを読む