天皇陛下がお誕生日にあたり、会見された映像が公開されました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210223/k10012881031000.html

陛下がスピーチをされる際は通常、お手元あるいは机上に置かれた原稿を見ながら、丁寧に話されます。

プロンプターをお使いになることは、まだ見たことがありません。

 

一般的に見ても、現状では、紙の原稿を使うほうが心を込めて話せるイメージがあります。

なぜかというと、以下のような理由です。

 

まず、話すことはアナログ的な行動であること。

人は生きていれば必ず呼吸をしています。声は息を吐くことで出ますから、声は呼吸そのものなのです。

実際に文字が書かれた紙を手で触りながら、一字一句を自分のペースで声に出して進めていける紙の原稿は、心を込めてじっくり伝えるスピーチには理にかなっていると私は感じます。

プロンプターを左右に置いて話す場合、広く聴衆の見ているように左右に目線を振っていると見せかけながら文字原稿を見ることができます。この点、大変優位性がありますが、ある程度、慣れが必要です。

国のトップがよくプロンプターを使いますが、スピーチ回数や話す量が非常に多い。したがって、話すことに対する経験や熟練ぶりは、一般人とは比較になりません(人に寄ります)。

また、スピーチ中、話の流れを把握したりする場合には、やはり紙の方がやりやすいでしょう。

プロンプターは話し終えた部分は画面から消えて行ってしまいます。でも逆にその方が迷わず話せるという方もいらっしゃるでしょう。

 

心を込めて相手に伝えるには、どんな手段で伝えたら良いか。

目的やご自身に合った方法で、心が伝わる伝え方を見つけたいものです。

 

棒読みしないで済む方法〜原稿にひと手間の予防策

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact