スライド、プロンプター、紙の原稿。いざという時に頼れる手段は?

1. スピーチ分析

天皇陛下のお誕生日にあたり、会見映像が公開されました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210223/k10012881031000.html

陛下がスピーチされる際は、お手元あるいは机上の原稿を見ながら話されます。

国のトップがスピーチする際は、しばしばプロンプターを使います。

広く国民に語りかけるために、目線を左右に振りながら原稿を読む。忙しくて責任の重いお立場にはぴったりのツールです。でも、実際に流れる文字を見ながら話すのは少しコツと経験が必要。ともするとぎこちなく見えます。

ビジネスではスライドを使ってプレゼンすることが多いですね。学習目的の研修や講演でも、スライドが活用されています。

 

儀式や、心を込めたいスピーチでは、紙の原稿が最も向いているようです。

文字が書かれた紙を手で触りながら、一字一句、自分のペースで声に出して進めていける。アナログの温もりから、心が伝わりやすい印象です。

普段忙しい方ほど、スピーチ直前に加えたい言葉が出てきたりするものですが、その際、手元原稿ならさっと書き込めます。

話全体の流れを把握するときも紙を広げておけば見渡せる。紙はやっぱり便利だと思います。

 

慣習に囚われず、話す場面や目的、お気持ちに合わせて、最適な方法を選びたいものです。

 

棒読みを直したい方、必見!原稿にひと手間するだけの改善策

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

ボイスイメージ では「この方が伝わるように話すには、何が課題か?」を探り、お一人おひとりに最も適したサービスを提供しております。まずはお気軽にご相談ください。

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

関連記事

特集記事

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

TOP