スピーチが苦手な理由で特に多いのが「聞いている人の反応が気になって話しづらい」

そう感じていらっしゃるみなさまに朗報です。

聞き手の反応は気にしなくて良いのです!

(・・・え、そうなの?)

はい。いつもトレーニングでお話しすることを、今日は書いて参ります。

 

◆聞き手はカボチャか?

昔の舞台俳優たちはこう言ったとか。

「観客は皆カボチャだと思え」

舞台からは客席の様子や表情がよく見えます。下をずっと向きっぱなしの人、あくびをする人。険しい表情でこちらを見る人もいれば、いつも笑顔の人も。

食事の回数と同じくらい舞台に立つ役者さん、こんな観客の様子にいちいち振り回されていたら身が持ちません。

ですからカボチャと思ってしまえば、どう反応されても気にならないで済みますね。

しかしこの考え方は、今では通用しませんね。カボチャと思われて気持ちが良い人なんて一人もいないからです。

では、聞き手の反応について、どう対応すれば良いのでしょうか。

 

◆聞き手の心理

誰かのスピーチやプレゼンを聞きている時のことをちょっと思い出してみてください。

「はい!私はきちんと聞いています!」

とアピールしながら聞いている人、どれほどいらっしゃいますでしょうか。

 

こんな方は、きっと稀。

スピーチプレゼンの場での聴衆の聞き方は、傍目から見るとかなり「ぼーっ」としてみえます。まるでテレビでも見るかのように話し手をながめています。

決して話し手に反感を持っているわけではなく、一生懸命聞いているから、この無表情なのです。

でも、話し手からすると「聞き手は反応がよくない」と受け取りがち。

聞き手はどんな態度であろうとも聞こうとしているのです。これを忘れてはいけませんね。

 

◆聞き手に敬意を

とあるセミナーの直前に、担当者からこんな一言をもらいました。

「今日の参加者は話を反応が薄いですから、そのつもりでいてください」

そうかなあ、と思いつつ、私は話し出しました。最初はたしかに反応が悪い感じもしましたが、聞き手のみなさんを信じて話し続けました。

すると、だんだんと参加者の反応が上がってきて、活気あるセミナーになりました。

終了後、担当者の方がやってきて「こんな風に生き生きとしている参加者の姿、初めて見ました」と驚いていました。

 

どんな聞き手であっても思い込みをせず、敬意を払って伝え続ける意志を持つ。話し手はこれを忘れてはならないのです。

そもそも聞き手は自由に聞くものです。

だから「ここにいてくれるだけでも良い」そのくらいの覚悟で話し、伝えることに集中しましょう。

「私は精一杯伝えます。みなさまはどうぞ自由にお聞きください」そんな気持ちで挑めば、聞き手とともに場を共有できます。

 

話す側の在り方が、聞き手に伝わります。

伝えることに集中する。

その決意が、聞き手の心も動かすのです。

スピーチの悩み|緊張してしまう、原因分析と対応策例

 

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact