湯船に浸かってお風呂でリラックス。

ほどよくエコーが効いているから、つい鼻歌混じりになりますね。

そこにちょっとプラスして、声を磨いてはいかがでしょう。

 

50音の発声練習はちょっとハードルが高そうですが、たった一音なら気楽。

10秒あればできてしまう、母音の「お」だけの発声練習です。

 

お湯に浸かって体がほぐれてきたら、

「ほーーーっ」

大きくため息をして、ついでにちょっと声を出してください。

「お」の母音練習ですが、息をよく吐くために「H」をつけて「HO(ほ)」にします。

 

コツは全身の力を抜くこと。頑張ろうとすると喉から声を押し出してしまいます。楽な身体でお腹から息を吐きましょう。

船の汽笛のような、深〜い音が出た!と感じたらOKです。

 

喉に引っかかる感じがしたら「HO、HO、HO・・・」と短く発することを何度か繰り返してください。スッキリ出てきたら、長く伸ばしましょう。

山の上に立つと「ヤッホー」「お〜い」と叫びたくなるように、「お」の母音は声を出しやすく気持ちがいい音です。

 

身体は気持ちいいと感じると、その行動を記憶しやすくなります。

毎日お風呂の中で練習し、お風呂を出ても「HO〜〜〜」と気持ちよく声が出るようになったら、深い腹式呼吸で声を出すコツがつかめてきています。

スピーチも良い声で話せる第一歩。

コツコツ続けるのが一番です。

 

声の良し悪しは呼吸次第!スピーチ本番3秒前「呼吸の整え方」

マスクをつけていてもスッキリ!通る声が出る発声のコツ

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contactお風呂s