未解決で有名な3億円事件。あの写真、記憶に残っていますよね。

犯人が捕まらなかった要因のひとつが、目撃証言をもとに作られた「モンタージュ写真」だそうです。

モンタージュ写真にはリアリティが強い。それゆえ、写真のイメージが強くなりすぎて「この人かも?」と想像から犯人につなげづらいのだとか。

この反省もあってか、今も人相書は手描き。

ざっくりした手描きの余白が、見る側の「想像力」を刺激するのです。

 

想像力を刺激する。これはスピーチでもとても大切。

「面白い話だな」「いい話だ」と感じるのは、聞き手の想像力が刺激される何かがあるからです。

でも、ただ上手にキレイに話すだけだとこうならない。さらさらと耳に入ったらそのまま流れて消えていってしまうから。

ちょっとくらい間違えたりつっかえたりしても、そこに相手の気持ちが動く余白がある。そこに聞き手の想像が働くのです。

 

人の心を動かすものは何か?

表面的な上手さや綺麗さではありません。

もっと本質的な、あなたにしかない「何か」が相手の心をノックするのです。

 

自信を持って「自分らしさ」を光らせましょう。

最も心を動いたスピーチは「話が上手い人」ではなかった

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact