未解決で有名な、3億円事件。

犯人が捕まらなかった要因のひとつはモンタージュ写真だそうです。

 

あの写真、記憶に残っていますよね。

 

犯人の顔は「たしか目はこんな感じで」と、目撃証言をもとに写真が作られました。

実はここに問題があった。

 

顔の記憶を言葉にすると、記憶そのものが書き換えらえてしまうんだそうです。言語隠蔽効果と呼ばれる現象です。

 

言葉にできると気持ちも頭もスッキリすることが多いですが、言葉は記憶を変えてしまうこともあるんですね。

 

さて、そうして出来上がったモンタージュ写真ですが、こんどは見た人がそのイメージに強く引っ張られてしまった。写真は犯人を見つける手がかりにならなかったと言います。

人間の脳は不思議ですね。

 

この反省もあってか、今も人相書は手描き。

(漢字:手描きなのに「人相描き」ではない。これもおもしろい)

ざっくりした絵で役に立つのかと思っていましたが、手描きの中にある余白こそが見る側の想像力を刺激するのですね。納得。

 

スピーチも同じです。

きっちりかっちり上手に綺麗に話されると、逆に心は動きません。

 

想像力を刺激され、脳を動かす余地が残されていないからです。

何だろう、と興味を惹かれ、その人らしさを感じさせる話の方に、人は心が動くもの。

 

余白があるからこそ、そこに人は何らかの気づきを得る。

だから「この話、おもしろいな」となるのです。

 

 

スピーチするならやめたほうがいい「7つの習慣」

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact