間がいい話って、魅力的です。

日本人は得に「間」に敏感な文化を持っていて、歌舞伎なんて最たるもの。

よ!千両役者!

思わずそう出てしまいますね。

 

間がいいとかっこいい。洒落てる。センスがいい。

間が悪いと野暮ったい。つまらない。がっくり。

 

物理的には数秒あるいは1秒に満たない小さな空白ですが、機能すれば効果は絶大。すべてを瞬時に変えてしまう威力があります。

 

間を使って話す方法はとてもシンプル。

大事な言葉の前後に間を取る。これだけです。

タイミングを予め決めておくという手もあります。かつて安倍前総理が演説されるときのスピーチ原稿には(間を取る)と指示が書いてあったようです。

 

間を取るときは、たっぷり目かなと思うくらいにやってみましょう。

遠慮がちだとダメです。

 

間の原理は「呼吸」ですから、慣れてくると自然にできるようになります。

話すことが楽しくなりますよ!

ご注意!いい話をする話し手かどうかは、出てきた瞬間にバレています

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact