録音したスピーチ音声を聞く。

勉強になるとわかっていても、あまり気が進まないことかもしれません。

 

「思っていた声とちがう」

「自分の声、嫌いなんですよ」

多くの方がそう仰います。

 

まず申し上げたいのは、これはご自身の声のせいではない!ということ。

声に対する違和感には理由があります。

録音して聞く自分の声は「気導音」と呼ばれ、空気を通して聞こえてくる、外から聞こえています。

一方、自分がいつも聞いている自分の声は、この「気導音」に「骨導音(自分の体に響いている音)」もプラスされているもの。違和感があるのは当たり前なんですね。

 

声が気になる場合は、声質そのものより「話し方」に課題がある場合がほとんどです。

「話し方」とは、口の開け方や動かし方、言葉の繰り出し方、語尾など言葉を出すことに関連する様々な行動のこと。

自分の顔に合わせたメイク方法や髪型があるように、声にも自分を活かす話し方があります。どうしたいか、どうすればよいかのアドバイスをプロに受けることも良いですね。

 

 

▼▼▼声に関する解決例(おすすめ記事)▼▼▼

話す本番前、3秒で声を整える|社長のスピーチトレーニング

実例|ボイトレスクールも治せない声の悩みがすぐ解決

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です