少し前に行った某経営者のトレーニング。

急遽、仕事にお戻りにならないといけないとのこと、トレーニング時間が短くなってしまいました。

せっかくお越しいただいたのですから価値ある時間にしなくては。しかし時間制限が厳しい。

そこで、いつもは1分で話す練習も、思い切って15秒に短縮しました。

かなりの荒療治ですが、ここは逆にチャレンジしていただこうと思ったのです。

 

(どうなるかな)と見守っておりますと・・・いつもに増してズバッと鋭いお言葉をお出しになりました!

「お!自分の言葉が出た!」

とその方、大喜び。

私も歓声を上げながら(狙った通り!)と嬉しくなりました。

 

いざというときにこそ力が出る。これぞトップリーダーの底力。

聞き手の記憶に残る話とは、だらだらと長い話ではありません。

瞬間に出るズバッとしたひとことなのです。

 

1分要約のスキルで満足していてはダメ。言葉を極限まで減らし、瞬時の一言で相手の心をつかむ。

トップリーダーにはこのように本能的に言葉が出せる「スピーチ筋」がなくてはいけません。

そして、この力は鍛え方次第で如何様にも強くすることができるのです。

 

筋肉は裏切りません。

話すことは才能ではないのです。

鍛えよ、スピーチ筋!

スピーチがますます、スポーツになってきました。

 

ワンメッセージで話せるか?記憶に残すリーダーの伝え方

東京2020 金メダリストのスピーチコーチが直接指導【サービス紹介】

 

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact