スタジオジブリのアニメ『風立ちぬ』を観たとき、主人公のセリフがやけに棒読みだなあと感じました。

派手な感情表現がなく、アニメらしからぬ声。

でも、だんだん物語が進んでいくと、一本調子の声が逆に魅力的に思えてきました。

主人公の生き方に、そのメリハリのない声がしっくりくるとわかってきたのです。

 

棒読みなのに気持ちが伝わってくる。

それは言葉ひとつひとつの出し方がとても丁寧で、言葉に心がこもっていました。

派手な感情表現ではないけれど、じんわりと気持ちが染み渡ってくるのです。

 

こういう声もいい。

スピーチトレーニングでも時々お目にかかります。

目立ちにくい地味な魅力であるため、ご本人も気づかない。「私の話はメリハリがないから面白くない」などとおっしゃる。

でも、ちがうんです。

 

聞く側の心が動くのは、メリハリある表現ではないのです。

言葉ひとつひとつから何かを感じられるかどうか。

 

言葉を選び抜き、素直に気持ちを込める。

そんな自分らしい話し方が、人の心を打ちます。

 

あなたの自分らしい表現は、どんなものでしょうか。

 

心が入らない「棒読み」ほど悲しいものはない|メディア掲載記事

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact