スタジオジブリのアニメ「風立ちぬ」を観たときのこと。

主人公のセリフがやけに棒読みで、表現力がないなあと思いました。でも、だんだんとその声に魅かれていきました。

自分にぶれない生き方をする主人公。であれば、典型的なアニメ声は合わないとわかったのです。

あとで知りましたが、プロの声優さんではなかったそうです。宮崎駿監督がその「声」に魅かれて抜擢したとか。

セリフ棒読みでも、わざとらしい抑揚があるよりずっと引き込まれるなんて、これこそすごい表現力ですよね。

 

棒読みなのに、なぜ魅力的だったのか。

理由は1つ。

ひとことひとことに、素直な思いがこもっていたからです。

 

実はこうした魅力を持つ方は、世間にたくさんいます。

でも、ぱっと聞いただけではその魅力は目立ちにくく、ご本人も自分の個性に気づかない。

だからみな一様に「私の話はインパクトがないんです、メリハリがなくて」などと言ってしまう。

 

もったいない!

プレゼンやスピーチはメリハリをつけて話しましょう、などとありきたりなノウハウに合わせようとするのは、自分の魅力を消しているようなものです。

世の経営者、トップリーダーの皆様にこう申し上げたい。

 

ないないという前に、ご自分の本来の個性、持っているものを大切にしてください!

 

無理なメリハリで白々しく話す必要などありません。

そんなことより、誰に遠慮することなく、言葉ひとつひとつに思いを込めること。自分に正直になることにかんばってください。

 

本来の自分を出していいんだと自分に許可を出す。

自分最高の話し方はその先にあるのです。

 

<関連記事>

トップリーダーの「棒読み」を治す方法|メディア掲載

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact