「スピーチで上手く話したい」と聞くと、陸上のウサイン・ボルト選手の言葉を思い出します。

 

速く走るためには、速く走ろうと思わないことだ。

速く走ることばかり考えて、逆に遅くなる選手はたくさんいる。

速く走ろうとせず「自分の走り」をすることだけを考えたほうがいい。

 

このことは陸上以外、様々なことに当てはまる本質論ではないでしょうか。

スピーチに置き換えるなら「上手に話そうとするから聞き手に伝わらない」。

 

上手に話したいと思うと、人から褒められるために話します。

「XXさん、話が上手ですね」

褒められれば誰だって嬉しいでしょう。結婚式の余興スピーチならそれで良いですが、ビジネスとなれば別です。

心が動いた聞き手ならまず「おもしろいですね」「へえ、詳しく教えてもらえますか」のように、まず自分の感情を伝えてくるでしょう。

 

「話がお上手ですね」が第一声だとしたら(話は上手いけど、あなたの商品には興味ありません)という意味かもしれません。自分ごととして話が響いていないのです。

 

上手く話すことと、聞き手の心に伝わること。

同じように見えて実は別物です。

 

上手に話したいと思うのは、たとえば自分で恥ずかしくない思いをしたくない、など自分のため。

ビジネスが動かしたいなら、商品でもサービスでもスピーチでも同じく「お客様の立場になっているかどうか」

誰がどんな気持ちで話を聞くのか、とことん聞き手の立場になって伝えることが大切なのです。

 

スピーチに強くなりたい経営者に必要な条件とは(実例含む)

スピーチするならやめたほうがいい「7つの習慣」