日本人は欧米よりも「目の表情」を重視するのだそうです。

英語と日本語の違い絵文字を見るとよくわかる。

(^^)(++)目の形が表情を作っていますね。

 

一方、英語では口元が気持ちを伝えます。(*下図は横向きで表示)

:) :(

国によってこうもちがう。日本は「目は口ほどにモノを言う」文化なのです。

 

スピーチでも目に力があれば「お、この人は何かありそうだぞ」とインパクトを与えられます。

自分には目ヂカラがないと諦めている方、大丈夫です。物理的に目ヂカラを強める方法があります。

まずは目のすぐ上にある眉をビシッと決めましょう。

床屋さんで眉をすっきり整えてもらえますね。

眉は顔の額縁。前髪でごまかそうとする方もいますが、もったいない!おでこも眉も全開にしましょう。

また、メガネをかけるのもGood。目の周りにもうひとつの額縁になってくれます。

女性ならアイラインなどのお化粧で目ヂカラを補強しましょう。

 

そして、目ヂカラがアップした自分の目と顔を、鏡でしっかり確認しておきます。

自分の変化を視覚的に発見すると、不思議と「やれるぞ」の気持ちが湧き、一層瞳が輝きます。目の大きい小さいは関係ありません!

そしてスピーチ本番当日、しっかり聞き手を捉えるように見ましょう。なんとなく聞き手を見るだけではダメです。目の中に聞き手を入れるように、じっくりと見てください。

こんな方法で効くのか?と思われるかもしれませんが、やってみてください。今までいかに「見ていなかったか」とに気づくはずです。

 

目は心の窓。マスクで口が見えない今こそ、目ヂカラを強めるチャンス。

でもいい加減、早くマスクを外せる日が来てほしいですね・・・・

11月メルマガ発行「リーダーは目線と語尾に気をつけよ」菅総理の分析

 

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact