起業家がプレゼンを競うイベントがあり、オンラインで視聴しました。

現地に行かなくてもインターネットで参加できるハイブリッド開催、やっぱり便利ですね。

難があるといえば視覚情報が小さく限定されること。スマホやパソコンで観るから仕方ありません。

 

でも、声は比較的しっかり届いてくるものです。マイクがありますし、聴く側で音量調節可能ですから。

「声」というと、滑舌の良し悪しや声質などを気にされるかもしれませんが「聞き手に伝わるかどうか」の点で、それらは表層的な要素でしかありません。

問うべきは、声にその人の生き方が現れているか、の本質です。

 

緊張で声がうわずっていたり、ちょっと荒削りな印象があっても、

「この人  “何か“ ある」

と聴衆の気持ちがザワついたなら、伝わっている証拠。

起業家であればビジネス丸ごと人生、とも言えます。プレゼンに全てをぶつけるくらいでおかしくありません。

声は、プレゼンの内容に書かれいない、思いや情熱を正直に伝えてくれるのです。

 

自分の中にある「本来の声の力」を目覚めさせるには、どうしたらいいか?

ライブ登壇は一度きり、そして一旦始まったらやり直しが効きません。

覚悟を決めて話すこと。これがまず大切です。

 

やったらわかる「まず3秒黙ってから話し出す」必殺技の威力

金メダリストのスピーチコーチが直接指導【オンライン可】サービス紹介

 

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact