カタカナ言葉を使って話すと「意味がわからない、これは自分とは関係ない話」と受け取られてしまうことがありますね。

だから、なるべく使わない方が良い・・・

 

と、言いたいところですが、その逆。

 

カタカタ言葉は新しい分野によく出てきます。これを日本語で言い表わそうとすると長〜い説明が必要に。時間の無駄ですね。

また、日本語とちがう語感が「なんだろう?」と聞き手の注意を引きます。

 

こんな力のある言葉を使わないのは、もったいない!

上手に使えば印象に残る話になる!

 

要は、意味不明な言葉で終わらせなければ良いのです。

 

使い方は簡単。

 

カタカナ言葉のすぐ後に、短く日本語をプラスするだけ!

(簡単すぎて恐縮です)

 

「エスカレーション」という言葉の例で示しますね。

 

❌「情報をエスカレーションすることは大切です」

⭕️「情報をエスカレーション、上層部に報告することは大切です」

 

ポイントは端的な表現にすることです。

耳新しい言葉のインパクトと、同じ言葉を2度聞くことで記憶に残りやすいのです。

話の重要部分にあえてカタカナ言葉を使うのも得策。

 

たった一言を加えるだけですが効果は大きい!

ぜひお試しください。

リーダーは「しっかりやります」と言ってはいけない

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact