大物芸人さんが時々真面目に言っています。

「お客さんを笑わせるのは簡単ではない」

プロでも必死ですること。

我々素人がたまに行うスピーチで笑いを取るのは容易ではありません。大抵、思い通りにいかないものです。

 

それでも「笑いを取りたい」と思ったら、まず一旦それを脇へ置いてみてください。

そして、本来話し手がすべき「伝える」に集中する。

真摯に、真剣に話し続けていると、ふと素の自分が顔を覗かせたり、思ってもいなかったいい言葉が出ることがあったりします。

それが結果、聞き手の笑顔を引き出すことにつながっていった。そんな本番を幾度となく見ました。

ある意味、これが本当の笑いではないでしょうか。

 

話す機会を重ね、百戦錬磨になれば、今度は本当に笑いを仕掛ける余裕も出てくるでしょう。その時は思い切ってチャレンジ。

方法は?と聞くまでもなく、その頃は、ご自身でふっと浮かぶようになっているでしょう。

 

映画&スピーチ『ハドソン川の奇跡』極上ユーモア、秀逸な手本。

棒読みを直したい方、必見!原稿にひと手間するだけの予防策とは?