「あそこで笑いを取りたかったんだけど」

スピーチ後にこんな風に打ち明けてくださる方も少なくありません。

人前で話すことすら簡単ではないのに、聞き手から笑いが出るように話せるのは余裕の証拠。

場が和んで次が話しやすくもなりますね。

 

でも、大物芸人さんが時々真面目に言っています。

「お客さんを笑わせるのは簡単ではない」

プロでも必死なのですから、容易なことではないですね。

 

笑いを取ろうとうすると、大抵その通りにはいきません。だから一旦それを忘れて話すことに集中する方が近道です。途中、ふと素の自分が出たり、思ってもみなかった言葉が出ることがあったりして、それが自然な笑いにつながるのです。

実際、そんな本番を幾度となく見ました。

 

ある意味、これが本当の笑いなのではないでしょうか。

話す機会を重ねて百戦錬磨になれば、本当に笑いを仕掛ける余裕も出るでしょう。

 

棒読みにならない原稿テクニック|社長のスピーチ準備必殺技