「あそこで笑いを取りたかったんだけど」

スピーチ後にこんな風に打ち明ける方、少なくありません。

人前で話すことすら簡単ではないのに、聞き手から笑いが出るように話せるのは余裕の証拠。

場が和んで次が話しやすくもなりますね。

 

でも、大物芸人さんが時々真面目に言っています。

「お客さんを笑わせるのは簡単ではない」

プロでも必死なのですから、容易なことではないですね。

 

我々素人が笑いを取ろうとすると、大抵、思い通りにはいかないものです。

ですから「笑いを取りたいな」と思った時は、まず、一旦それを脇へ置いておき、伝えるという話し手がすべき本分に集中してみてください。

実は、それが近道なのです。

真剣になって話しているからこそ、ふと素の自分が顔を覗かせたり、

時には、思ってもみなかったいい言葉が出ることがあったりする。

それが自然と聞き手の笑顔を引き出すことにつながります。

実際、そんな本番を幾度となく見ました。

 

ある意味、これが本当の「笑い」なのではないでしょうか。

まずそこから始めることをお勧めします。

そして、話す機会を重ねて百戦錬磨になれば、今度は本当に笑いを仕掛ける余裕も自ずと出て来るでしょう。

映画&スピーチ『ハドソン川の奇跡』極上のユーモア、秀逸な手本。

棒読みしないで済む方法〜原稿にひと手間の予防策