物事には「型から入る」という方法がありますよね。

かっこいいユニフォームを着ると俄然やる気が出る、その気になれる。

これ、決して悪いことではないはずです。

 

自分がどうありたいのか、なりたいか?そこに向けてできることからやってみる。

オリンピックの金メダリストだって自分なりの努力と工夫で一歩一歩前進したはずです。

 

人前で話すときにも型から入るのは大いに有効。

堂々と話したいなら、内容よりまず声。大きく低めの声でゆっくり話すようにしましょう。

能楽師の方からお聞きしたのですが、天皇や王様のような高い地位の役を演じるときは「低めに、ゆったりと」セリフを発するのだそうです。

イギリスの元首相、サッチャーさんが首相に立候補した時にも声を低くしたんです。話し方や服装も変えるイメージ戦略。これは映画にもなっています(別記事あり)。

 

堂々と話すには、こんな風に意識してみてください。

・相手に言葉が十分に聞き取れるように、しっかり声を出そう

・一つ一つの言葉を大切にして、話そう

こうすると、声質が高めと感じている方でも相手には低く響いて聞こえます。

実際私がそうなんです。声質的にはソプラノで高いのですが、仕事中にはドスの効いた声に聞こえる。

伝えたいという思いで話しますから、自然とそうなってしまうんですね。

 

堂々と話したい!

その気持ちを持って、胸を張って「できる!」とやってみましょう。

映画&スピーチ『鉄の女の涙』勝つために声も話し方も変えたリーダー

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact