★スピーチ学習のクリティカルポイント

何かを学ぶ際、まず頭で知識を学び、次は体で実践できるようにする。

こうして人は成長していくものですが、

学習したことをご自身のビジネスに活かすには、もう一つ、別の能力が必要です。

もう一つの能力とは、ご自身のビジネスに合わせて学びを変換する力です。

一般的なビジネススキル習得サービスの多くは、この変換を学習者本人の自主性に任せます。ここから先は一般論では対応しきれないからです。

変換力が不足のまま放置すると、それまでの学びはビジネスに活かされません。

10学んだとしても残るのはせいぜい多くて3つ。

ビジネス本を読んでも実力にはならないと言われるのは、これと同じ現象が起こるためです。

 

 

図5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変換する力は、業界や業態、会社特性や性格など、複雑な要素が絡みます。

その上、この時期は学習者のやる気と粘り強さが求められます。

なぜなら、学習者はここに到達するまで既に多くの時間と努力を重ねています。

同時に学びへの新鮮さが失われ、慣れが生じ、飽き始めます。

加えて、変換行動で頼れるのは自分だけ。

この「変換力」が求められるタイミングこそ、学びの最大のクリティカルポイントです。

 

弊社ではこれを見越した上で、お一人おひとりに合わせたハードルを適切に設け、乗り越える支援をします。常に良い緊張感で上を目指していただける工夫を凝らします。

クリティカルなタイミングだからこそ、自分らしい頑張り方がわかり、かつ成果が出るように学んでいただいたいからです。

 

学習者のクリティカルポイントは、サポート側にとっても挑戦であり、やりがいがあります。

生涯お使いいただけるスピーチ力のシステムをご自身にインストールし、思う存分使いこなしていただけるようサービスを提供しております。