マスクをつける生活が続いています。

プリーツの白い不織布製が一般的ですが、そろそろ機能や色でマスクを選んでみてはいかがでしょう。

話している最中にマスクが落ちてきて、手で引き上げる。そんな姿をよく見かけます。

ご本人も話しづらいですし、衛生的にもちょっと気になる。

ただでさえマスクは顔を隠しコミュニケーションにはノイズです。落ちてくると、なおさら。

最近はいろいろなマスクが出回っていて、私は「3Dマスク」「くちばし型」のタイプを愛用中。

口先部分が前に飛び出していて、プリーツ型と比べるとがっちりフィット。だから話すときに顎が上下に動いてもマスクが下がりにくいのです。

カラーも豊富で、色鉛筆のようにきれい。

こうなるともう服選びと同じ。

薄いグレーやピンク系など複数の色を揃えてしまいました。余計な出費ですが、今日は何色?と考えるのも楽しいです。

ちなみに、清潔感で色を選ぶならやっぱり白。

若い男性はクールに黒を好む印象ですが、同じダーク系でも、ネイビーは品のあるイメージです。

 

マスクも、ネクタイのように好みを持ってもよい頃では?

お会いする相手や場の目的に合わせてみるのも、非言語コミュニケーション。

形だけはどうぞ、ずり落ちてこないものをお選びくださいませ。

「スピーチの神」は細部に宿る。例えばマスクの外し方・仕舞い方

東京2020 金メダリストのスピーチコーチが直接指導【サービス紹介】

 

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact