スピーチするなら、やっぱり聞く人の心に残るいい言葉を出したいですね。

いいなあと感じる言葉には、こんな特徴があります。

 

★普段の言葉

いかにも立派で、仰々しい言葉より、普段使いのシンプルな単語でできています。聞いた瞬間に誰でも意味がわかる。

だから、スッと心に入るんですね。

 

★心地良いリズム

例えばスティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の卒業式で話した

“Stay hungry, stay foolish.”

ハングリーであれ、愚かであれ。

言葉の意味もグッとくるのですが、Stayが2回繰り返され、韻を踏んでいます。和訳しても語尾が「〜であれ」と揃う。

口に出しやすく耳に残りやすい、いいリズムです。

 

★普遍的なメッセージ

言われてみればそうだなあと気づかされたり、ちがう立場や場面でも納得できる。

聞く人によって様々に受け取ることができる奥深さがあるのです。

 

スピーチトレーニングをしていると「いまおっしゃった言葉、名言ですね」となることが頻繁にあります。

どなたでも、自分ならではの名言を話す力を持っているのだと思います。

やっぱり自分が生み出した言葉で話せるのは格別。聞き手に伝わる感触が実感できます。

 

自分名言を引き出す方法は、ちょっとコツがあります。

 

頭で考えるのではなく、声に出して話すのです。

きちんと綺麗に話そうとせず、ちょっと肩の力を抜きましょう。

実際スピーチ練習を終えたあと、あれこれおしゃべりしている時に、ポロッと名言が出ることがよくあるのです。

練習中の音声を録音して聞き直すのも一手。「あ、これはいい言葉だな」と見つけることができます。

気楽にお試しください。

 

ワンメッセージで話せるか?記憶に残すリーダーの伝え方

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact