聞いた瞬間にハッとさせられ、様々な思いが巡らされるような言葉。

スピーチを聞く楽しさのひとつは、そんな「名言」に触れられることですよね。

 

歴史の偉人が残した名言、有名なものがたくさんありますね。

でも、ちょっと使い古されている感じが私はします。

スピーチトレーニングをしていると、しょっちゅう、名言に出会います。つまり、リーダーなら誰しも「自分の言葉」を持っているし、それが自分だけの名言になりうるのです。

もう借り物はやめて、自分の言葉で話しませんか。

 

名言となりうる言葉の特徴は何でしょう。

スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の卒業式で言った”Stay hungry, stay foolish.” を例にして分析すると、以下3つ。

 

★普段の言葉

決して立派で偉そうな、崇高な言葉ではない。むしろ普段使いの言葉です。

聞く人によって様々に受け取ることができるから、自分の言葉として、すっと心に入っていくのでしょう。

 

★耳に残る衝撃

短い言葉だから記憶に残りやすいだけでなく、耳にしたときに響きがよいこともあります。

“Stay hungry, stay foolish.”  Stayが2回繰り返され、韻を踏んでいますね。

子音の「S、T、SH」などには軽やかさがあり、hungry の「H」は力強さがあります。このような「語感」は日本語でも同様です。

 

★本質的なメッセージ

言われてみれば、そうだなあ、という気づきがあり、誰もがうなづいてしまうようなこと。時代や場面がちがっても人の心を捉えるものは変わらないんですよね。

 

さて、次は、実際にどうやってそんな言葉を生むか、です。

方法はシンプル!

頭でひねり出すのではなく、声に出しながら話すことです。

それも、きちんと話そうとするより、ちょっと力を抜いてみましょう。

自然体で話しているときに、ふと出てくるものなのです。

 

ワンメッセージで話せるか?記憶に残るリーダーの伝え方

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact