政府は4日「新しい生活様式」を発表し、行動制限が日常の状態に。

ソーシャルディスタンスによるコミュニケーションの変化を、テレビ番組『笑点』を通して考えます。

 

◆熱が冷める距離

2020年5月3日(日)放映の『笑点(日本テレビ系)』は

舞台上も客席も「ソーシャルディスタンス」。

司会の春風亭昇太さんを中心に大喜利メンバーが左右に分かれて3名づつ、広く間隔をあけて座っています。

観覧客が大笑いする声も聞こえない、なんだか拍子抜けする舞台でした。

メンバーの回答もグズグズに間が抜けた印象です(ごめんなさい!ちなみに筆者は笑点ファン)。

仕方ないですね。

場に熱が生まれないのですから。

大喜利の師匠方もさぞ調子が狂ってしまわれたことでしょう。

 

◆社会的でクールな関係

「ソーシャルディスタンス(社会的距離)」とは手を伸ばしても相手に届かない距離のこと(4〜7フィート)。

(文化人類学者エドワード・ホールが人と人との距離を4分類した考え方)

ソーシャルとあるように、この距離を取るのはビジネスなどの冷静な関係。

普通、寄席やロックコンサートでは見知らぬ多くの人が至近距離にいるからこそ、場にエネルギーが生まれ、一体感が出ます。

人のパワーが溢れ出る場は今や「3蜜」。無理やりソーシャルに距離を置き換えれば、笑いがない「笑点」になっても仕方ないがありません。

◆笑点はまたおもしろくなれるか

人と人の距離感は、コミュニケーションも場の雰囲気も変えてしまいます。

生活や仕事、何をするにもソーシャルディスタンスが求められる今。

「あたしたち落語家は、コロナにも距離にも、絶対負けないですよ!」

そんな気概で、ぜひディスタンスの壁を超えていただきたいと思います。

 

創刊!メルマガ「リーダーシップを磨く言葉の教室」

 

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact