スピーチが伝わらなかった。

その原因は多分「何を伝えたいか」の内容が明確ではなかったのでしょう。

そしてもう一つ、きっと「ノイズ」がたくさんあったのです。

 

「ノイズ」とは騒音や雑音。

人前で話すとき際、実に様々なノイズが多く発生し、伝わるはずの話の邪魔をしています。

 

まずは「心理的ノイズ」。

自分はスピーチが苦手だ、聞き手の反応が気になる。

こう思うだけで自信を失いますね。

本来の力を発揮できない心のブレーキのようなもの。

 

もうひとつが「物理的ノイズ」です。

マイクの調子が悪かったり、話を聞くにはふさわしい会場ではなかったなどの環境に起こるものです。

話し手自身が起こす「あ〜、う〜」と唸る言葉のヒゲも物理的ノイズです。

 

このように、話の内容本体とは別の、至るところでノイズが発生しています。

 

でも、大丈夫。

話す本番に起こりうるだろうノイズを事前に想定し、防御策を立てればいいのです。

事前にマイクテストをしておくなど、自分でコントロールできる範囲は自己責任でやりきりましょう。

スピーチトレーニングでも、ノイズを未然に防ぐためには重箱の隅をつつくように細かくアドバイスをします。

つまるところ、スピーチは「常に備えよ!」事前準備が全てなのです。

 

「あ〜う〜」唸る癖がなぜダメなのか&対処法

式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact