私がスピーチコーチだと知ると、お会いする経営者の方が時々こうおっしゃいます。「スピーチしても社員から特に反応がないんですよね」

何とも歯がゆいですね。

基本的にスピーチに限らず、会議や研修などでも反応が薄い、質問が出ないのは本当に残念ですが日本人のスタンダード。

わかりやすい反応がなかったイコール伝わらなかった、とは言い切れないのです。

たとえ社員の心が動いていたとしても

「社長、いいお話ありがとうございます!やる気が出ました、頑張ります!」なんて返せる社員、なかなかいないのでは?

もしもいたら、素晴らしいですね!

 

しかしそれでも、伝えたからにはやはり反応を得たい。

ならば、鳴かせてみようホトトギス。

社長自ら社員にチャレンジです。あと一歩も二歩も、社長ご自身がスピーチに想いを込めて熱く伝える!

徹底して事前準備をし、真剣にスピーチに挑むのです。こちらが真剣勝負なら社員にも必ずそれが伝わる。社長自らが動いている姿を見せるのです!

実際、スピーチトレーニングをしっかり行なった後、本番で話した社長さんは

「特に社員からコメントはありませんでしたが、聞いている時の顔つきが違いました」

こんな風に必ず手応えはあるもの。

 

社長が社内で話すのは、そもそも、社員の心が動いて行動が起こり、会社がより良く変わるためです。

これを肝に命じて、明らかな社長ご自身の変化と行動を社員に見せましょう!

スピーチで率先垂範!

 

2022年、変革の時です。「これぞ私たちの社長だ!」と社員が誇らしく思えるような、伝わるスピーチをしましょう。

ボイスイメージのスピーチ戦略が全力でサポートいたします。

 

「経営者のスピーチ戦略」ボイスイメージ株式会社

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

経営者のスピーチ戦略は、徹底した現状把握から導き出す

当たり前なのに多くの人がやらない、スピーチの戦略的事前準備

東京2020 金メダリストのスピーチコーチが直接指導【サービス紹介】