社長のスピーチトレーニング|記憶に残る話をするには

スピーチは短い方がいいとわかっていても、ついダラダラ話してしまうものです。

でも、聞き手がその内容で記憶するのは大抵、ひとつかふたつです。

スピーチの価値は話す時間の長さではなく、記憶に残る言葉があるかどうか。

心を動かす一言を話酢には、どんな方法があるでしょう。

続きを読む

社長のスピーチトレーニング |決定力を欠く口癖

一言一言に重みがある。リーダーなら常にそう話したいもの。

経営コンサルタントのH先生は、行動も話すスピードも大河のようにゆったり。

ですが、出てくる言葉はいつも「グサッ!」と音を立てて刺さるように鋭いのです。

そんな風に話すにはどうしたらよいか・・・

続きを読む

社長のスピーチトレーニング|緊張した時の第一声

スピーチで緊張して話せない。どうするか? 解決方法はズバリ、事前準備を入念にすること。・・・とは言っても、それでも緊張する場合もあるし、予期せぬ本番で準備の暇などないこときはどうするか?

はい。社長には「とっさのスピーチ」がつきもの。今回はそんな時にも効く、緊張を逆に活用してしまおうというお話です。

続きを読む

スピーチの悩み解決|最近、緊張して話せない

話す力は衰えてしまうものなのでしょうか。どんな大きな会議でも緊張することがなかったのに、最近、ある会議の時だけ、ものすごく緊張してしまうんです」

ある方から相談を受けました。状況を分析し、対応策をお伝えしました。

続きを読む

社長のスピーチトレーニング|棒読みにならない裏技

退屈なスピーチの代表格は、原稿に目を落としてただ文字を読んでいる「棒読み」。聞き手にはもちろん伝わりにくいですが、その話し手も「棒読み」したいわけではないはずです。棒読みになる原因は人それぞれですが、どなたにでも効きやすい、いますぐできる対応策があります。

棒読みしなくて済む「スピーチ原稿」にすればよいのです。

続きを読む

社長のスピーチトレーニング|感情はありのままに話す

好きなように自由に話して聞き手の心が動く。これができたらスピーチは楽しく、苦労はまったくありません。実際は話が飛び、意味がわからない話になりますね。

では、スピーチはいつも理路整然としなくてはいけないのか?そんなことはありません。思いのままに話すからこそ、聞き手に響くことがあります。それは・・・

続きを読む