想像してください。

あなたは強いお相撲さん、どんな相手にも勝つ横綱です。

ある日、土俵に上がると相手は一人ではなく20人も30人もいます。

この取り組み、あなたは勝てますか?

 

実際の相撲ではありえませんが、スピーチ本番はこれに似たシチュエーションです。

話し手はたった一人で大勢の聴衆に対峙しなくてはなりません。

となれば、いくら横綱のあなたでも普通に闘ったら勝てません。

スピーチは闘いではありませんが、伝わる話にするには戦略が要るのです。

大勢の聴衆に声を届けるには、マイクが必要。

大きなスクリーンにスライド資料を映すのも、内容をわかりやすくするため。

立派な演壇、大きな舞台、スポットライト。こういった話す際の環境は、実は話す際の味方。これらがあれば話し手ひとりでも数百人力になり得ます。

話をしやすい環境を整える「場作り」はスピーチに欠かせません。

 

どんな内容で話すか。話し方はどうするか。そして場づくりをする。

聞けば当たり前のようですが、この3つを徹底して行う話し手は、不思議なことにほとんどいません。

スピーチトレーニングでも、3つに大きなエネルギーを使います。

場づくり次第で、話す環境も頼もしい味方になるのです。

 

経営者のスピーチ戦略は、徹底した現状把握から導き出す

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact