スピーチで話す内容は誰もが準備します。どう伝えるか、最近は気をつける方が増えました。この2つで準備完了と言いたいところですが、あと一つ、欠かせない準備があります。

みなさんこれをなさらない。だから伝わらないのです。

 

◆スピーチは、一対多数

想像してください。

あなたは強いお相撲さん、どんな相手にも勝つ横綱です。

ある日、土俵に上がると相手は一人ではなく20人も30人もいます。

さてこの取り組み、勝てるでしょうか?

 

実際こんな取り組みはありませんが、スピーチはこのシチュエーションに似ています。話し手はたった一人で大勢の聴衆に対峙しなくてはならない。

 

となれば、いくら横綱のあなたでも普通に闘ったら勝てません。

 

勝つためにはどうするか?

特別な技?秘密兵器?

それだけでは無理。

 

スピーチには「戦略」が要るのです。

 

◆「話す環境」を味方にする

どんな戦略があれば大勢相手にスピーチできるか。

それには環境をうまく使います。

よくお使いになるマイク、実はこれもスピーチ戦術。一対一ならマイクは不要ですが、大会場だと生声では無理、マイクがあれば届きます。

プレゼン資料も話し手を応援してくれるツール。一対一ならコピー一枚ですが、三階席にいる聞き手に伝えるには大スクリーンを使って資料を映します。

立派な演壇、大きな舞台。スポットライト。こういった話す際の環境を「武器」として、ひとりでも数百人力になる。

話を伝わりやすい環境を整えることを総称して「場作り」と呼びます。

 

◆「場作り」というスピーチ戦略

登壇する際には「内容」「伝え方」そして「場づくり」をする。

これがぬかりない事前準備です。

聞けば当たり前のようですが、ここまで徹底して行う話し手は、不思議なことにほとんどいません。

ですから私もお客様のスピーチをサポートする際には、この3つ目の準備に大きなエネルギーを使います。

 

伝わるかどうかの仕上げは、第三の準備「場づくり」にかかっています。

 

【今日の学び】話し手は、環境も味方につける。

 

スピーチの戦略を立てる|社長のスピーチトレーニング

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact