社長のスピーチトレーニング |誰もやらない3つ目の準備

スピーチに必要な「話の内容」これは誰でも準備します。

そして「伝え方」。日本人が弱いところですが最近は気をつける方が増えました。

これで準備完了!と言いたいところですが実はあと一つ、大切な準備があります。

みなさんこれをやらない。だから結局伝わらないのです。

一対多数

ちょっと想像してみてください。

あなたは強いお相撲さん、どんな相手にも勝つ横綱です。

ある日、土俵に上がると相手は一人ではなく、20人も30人も、力士がいました。

この取り組み、勝てますか?

 

実際こんなことは起こりませんが、スピーチはこのシチュエーションに似ているところがあります。

話し手はたった一人で聴衆は大勢。

このようにありえない取り組みなのですから、いくら横綱でも普通に闘ったら勝てません。

勝つためには特別な技あるいは秘密兵器?とにかく普通とはちがう作戦が必要でしょう。

スピーチには戦略が必要!と私がいつも申し上げているのはこのことです。

 

話す環境が味方になる

どんな戦略があれば、伝わるスピーチができるでしょうか?

既によくご存知のマイク、実はこれもスピーチ戦術のひとつです。

一対一ならマイクは不要。でも数百名いる会場だと生声で届かない。マイクがあれば大丈夫ですね。

プレゼン資料も話し手を応援してくれます。

一対一ならコピー一枚あれば済むことも、三階席にいる聞き手に伝えるには大スクリーンに映し出せば良いわけです。

お召し物のスーツ、強い武将は鎧にもこだわったと言いますね。何をお召しになれば一番伝わりやすいのか?

 

話し手はこういった「武器」を揃えて大勢の聞き手に向かうのです。そうすれば、実際にはひとりでも「いち人力」が「数百人力」になりますね。

 

場作りはスピーチ戦略

服装やツール、これらは話すための戦略的な環境づくり。総称して「場作り」と呼んでいます。

話し手として登壇する際には、内容や伝え方だけでなく、場づくりまで行うこと。これがぬかりない事前準備です。難しいものはありませんが、ここまで徹底して行う話し手はほとんどいません。

私もお客様のスピーチをサポートする際には、ここに大きなエネルギーと神経を使います。

事前の準備段階もそうですが、本番当日でも手を抜きません。最適な場でお客様に話してほしいからです。現地に行っても入念にチェックを繰り返します。

現場はいろいろあって思うようにいかないことも多いのですが・・・(これはまた別途書きますね)最善を尽くします!

なぜなら、伝わるかどうか、の仕上げは場づくり次第ですから!

 

 

<ご紹介:事前準備に関連する他の記事>

社長のスピーチトレーニング|内容を考える前にすべきこと

 

*〜*〜*〜*〜*〜*

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

*〜*〜*〜*〜*〜*

お読みいただき、ありがとうございます。