リーダーの立ち居振る舞いや言動は「この人は信頼できるか」に関わる大切なこと。

最近はWEB会議での顔映りが気になるという方が増えています。

いまスピーチトレーニングをされているみなさまにも「顔は照明で明るくしてください」「オンラインだからといって手抜きはダメです」「髪型をバッチリ決めましょう」などとお伝えしています。先日はニュースで男性メイクサロンが流行っているとも聞きました。

自分の看板=顔に手抜きはいけませんね。

 

顔の作りは残念ながら変えられませんが「見えっぷり」を上げることはできます。

どうやって見栄えを鍛えるか。

 

まずは鏡を見る回数を意図的に増やしましょう。

男性リーダー層の場合、鏡を見る機会は朝の髭剃りと手洗いの時ぐらいのようです。これでは少なすぎます。

自然と鏡を見る環境を作りましょう。机に卓上鏡を置いたり、よく通るところに全身鏡を置くだけで出来ます。

物理的に自分を見る機会が増えると鏡がない場合でも自分の姿を想像できるようになります。

この能力を「第3のカメラ」とも言ったりします。自分の姿や顔がどう見えているか、スピーチをしている時に聞き手にどう響いているかをモニターできるようになります。

ダンサーや俳優など人前に立つ人たちはこの力が高いんですね。日々自分を客観視する力を鍛えているから自分磨きができるのです。

自分が写っている動画を見ることも良いですね。

第3のカメラ機能を頭の中に作りましょう。

 

今、マスクで顔を隠すことが習慣になってしまいました。誰しも顔に対する緊張感が緩んでいます。

afterコロナで取り返しがつかないことにならないよう、今からご自身の第3のカメラを鍛えておいてください。

 

無表情で話すと運を逃す。顔のこわばり度チェックと体操

公式ホームページ「サービス」でトレーニングメソッドをご紹介しています。

▶︎ サービス https://voice-image.com/service/

▶︎各種お問い合わせ先 https://voice-image.com/contact/