WEB会議での顔映りが気になる、という方が増えています。

少し前にニュースで、男性メイクサロンが流行っているとも聞きました。

自分の看板である顔、磨いておきたいですね。

 

顔の作りは残念ながら変えられなくても「見えっぷり」を上げることはできるのです。

 

まずご質問。一日何回鏡を見ていますか?数えてみてください。

男性リーダー層の場合、鏡を見るのは朝の髭剃りと手洗いの時ぐらいではないでしょうか。

これでは少なすぎます。

鏡を見る機会を増やすと自分を客観視する力がつきます。

ダンサーや俳優など人前に立つ人たちはこの力が高いんですね。日々自分を客観視する力を鍛えておくと、WEB会議だろうがスピーチだろうが、聞き手にどう自分が届いているか、わかるようになるのです。

机に卓上鏡を置いたり、よく通るところに全身鏡を置いて、見る回数が増えるような環境を作りましょう。

この力を「第3のカメラ」などと呼んでいます。

 

今、マスクで顔を隠すことが習慣になってしまいました。だから余計に自分の顔への意識が薄らいでいます。

afterコロナで取り返しがつかないことにならないよう、今からご自身の第3のカメラを鍛えておきましょう。

 

無表情で話すと運が逃る!顔のこわばり改善策

公式ホームページ「サービス」でトレーニングメソッドをご紹介しています。

▶︎ サービス https://voice-image.com/service/

▶︎各種お問い合わせ先 https://voice-image.com/contact/