「あ〜」「う〜」「え〜」スピーチでつい出る唸り声、聞く側にとって耳障りなだけではありません。話そうとするエネルギーの無駄遣い!をしていることになるのです。

スピーチは無用な言葉だらけ

「はい!それではみなさん、これから始めます!」

「はい!それではですね、次にですね……」

冒頭の「はい」必要ですか?

「はい」で話し出すとリズムが取れるのでしょう、テレビ番組のMCならよいですがビジネスでは軽い印象、本気で話していない感じを与えます。たった2文字で一気に伝わらなくなります。

必要がない言葉は、言わない。

社長の言葉はすべて金言!スピーチで出る言葉の無駄は、禁物です。

 

言葉のヒゲ

スピーチでの無駄な言葉で代表的なものが「え~」「あ~」などの唸り。

別名「言葉のヒゲ」です。放っておけば自然と出てくる、うまく名付けたものですね。

ヒゲは聞く人の耳にこびりつき、スピーチそのものより記憶に残ります。「今日のスピーカーは7回唸った」などと数えたくもなることも。これではせっかくのスピーチも台無しです。

 

ヒゲはエネルギーの無駄遣い

聞き手にとってはノイズになるヒゲですが、もっと残念なことがあります。話し手の「話す力」を損失しているのです。

唸りであっても声、その上、たいてい第一声で唸ります。陸上競技でいれば「ヨーイ、ドン!」ピストルと同時に「あ〜、え〜」などとふらついているわけです。

(ヒゲなんか出してる場合じゃない!)と、おわかりいただけましたでしょうか。

ヒゲをやめればその分が話すエネルギーに使われます。当然、話しぶりが上がります。これはスピーチトレーニングで多くの方が実感されることです。

でも、癖だからつい出てしまう。

そうですね。でも癖はうまれつきではありませんから、意識すれば治っていくものです。まずヒゲが出ていることを自覚し、出そうになったらぐっと我慢してください。原始的な方法ですが、対応策としてはかなり効果があります。

 

ある食品関連企業の経営者の方の事例です。

日々のスピーチでは「え〜」「あ〜」を頻発されていた社長。唸る癖と格闘中のある日、大きなご講演が決まりました。絶対にいい話をしたい。その決意のもと、徹底的に事前準備とリハーサルを実施。

本番当日を迎えました。

その日・・・。

 

ヒゲは、出ませんでした!

 

ここで決めねばならぬ!伝える覚悟が社長のヒゲを消したのです。

 

覚悟を決めて挑みましたから、ヒゲが消えただけではなく、講演全体にインパクトがあり、複数いた登壇者の中でもダントツに反響が高かった。そしてビジネス拡大につながりました。

スピーチで無用な言葉が出るのは、伝えることに迷いがある証拠。

社長のスピーチ、発する言葉すべてに価値があるべきです。

覚悟を決めて話しましょう。

 

トップリーダーよ、アナウンサーになるな|英首相スピーチ分析

 

公式ホームページで詳しいサービスや実績を紹介しています。

▶︎トレーニングメソッドや各種サービス→ https://voice-image.com/service

▶︎業務実績や事例→https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先 https://voice-image.com/contact