もうだいぶ、リモートワークでのオンライン発信にも、慣れてきた頃ですね。

服装は少しリラックス気味でも、決めるべきところはきっちりと、抑えておきたいもの。

 

オンラインでの見え方、姿の勝負どころは、たった一箇所。

「首まわり」です。

 

ネクタイをしない場合のシャツ姿では「襟」がポイントです。

襟の形、素材、柄などご自身の顔が引き立つものがいいですね。

先日お会いした経営者の方は、襟がカッコよく立ち上がる独特のシャツをお召しでした。ネクタイなしだからこそ決まるスタイルなのです。

ワイシャツ以外だと、ちょっと気軽なポロシャツというのもOKなこともあるでしょう。

その場合、襟がヨレヨレになっていないか?要注意。

季節が限られますが、タートルネックはクールな雰囲気が出ます。

スティーブ・ジョブズのおかげでひとつに「スタイル」になりました。

 

首回りで大切なのは、首が丸見えになっていないかどうか。

「首を取る」などの言葉もあるように、首は生命に関わる大切な部位です。そこがだらしなく無防備に見えてしまうと、リーダーとして締まった感じがありません。

 

某ベテラン俳優さんが首にぐるぐるスカーフを巻いているのは、おしゃれに首を見せない上手な工夫ですね。ちょっと我々素人には真似しづらい?印象ですが、休日にオンライン会議に呼び出されたようなときなどにチャレンジされてはどうでしょう。

首を冷やさない工夫でもありますから、声にも良いのです。

冷房が強くなる時期にも、首回りは冷やさないようにしてください。

 

オンラインで信頼される「顔の見えっぷり」

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact