トップリーダーの棒読み、スピーチコーチはこう直す|メディア掲載

メディア掲載記事

毎月22日にお届けしているメルマガ
【リーダーシップを磨く言葉の教室】。
1月号では「棒読み」を特集しました。

誰も好きで棒読みしているわけでは
ありません。

また、そうなっている自分にも
気づいています。

棒読みには原因がある。
そこを解決すれば、
誰でも伝え方は前進できます。

トップリーダーの伝え方の問題は、
話す側はもちろん、聞く側にとって大変残念なこと。

もうそんなことが起こらないように、
願いを込めて書きました。

菅首相が叩かれる「棒読み」を治す方法は?スピーチのプロが伝授

★メディア掲載分はメルマガ本文のごく一部です。
詳しい具体的対策は、以下より試読していただけます。

https://mypage.mag2.com/ui/view/magazine/162644872?share=1

<1月22日号 コンテンツ>
1)棒読みを根本的に治すには
2)誰でもすぐできる!棒読みにならない原稿の作り方
3)棒読みが魅力になってしまう思える人

ボイスイメージ では「この方が伝わるように話すには、何が課題か?」を探り、お一人おひとりに最も適したサービスを提供しております。まずはお気軽にご相談ください。

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

関連記事

おすすめ記事

TOP