スピーチ内容まとめが得意になる!万能技「3つ選ぶ方法」徹底活用術

スピーチ基礎力

こんにちは、森裕喜子でございます。

スピーチで何を話そうか?考えると、たくさん要素が出てきますよね。
そこで、すでに「3つを選ぶ」方法をお使いの方も多いのでは。

実はこれ、あらゆることがまとまる万能選手。
ならば自分の得意技にしませんか?
時間をかけずに、質の高いアウトプットができますよ!

 

そもそも、なぜ3つ

マーケティングで有名な話。

いろいろな味のジャム製品を開発し、
2箇所で比較販売しました。

ある売り場では全種類を並べ、
別の売り場は3種類だけにした。

多く売れたのは、どっち?

答えは、3つだけの売り場でした。

人はたくさんあると迷ってしまい、
買わずに帰ってしまうのです。

思い当たりますか?

量で勝負すると質が落ちる

このことをスピーチに置き換えましょう。

伝えたいこと全てを盛り込んで
上手に構成して話したいと頑張っても、
聞き手は全部を受け取ってはくれません!

せっかくの価値ある内容も、
ワゴンセールの大安売りになってしまう。

だから
スピーチも「3つ」を選び抜いて話すのです。

となると、
どうやって3つに絞っていくか?

選び方がポイントですね。

 

「3つ」目利きの選び方

★コツ① 即決する

選ぶことに時間をかけない。

何を話そうか?
これにあれこれ迷い出すと
アウトプットの質が落ちます。

なぜなら
話す人=あなたは、大抵
(これを言いたい、これが大事だ)を
すでにわかっているものなんです。

でも、
(本当にこれでいいのか)と
迷い出すと
いつまでも決められない。

そもそも話すことは
瞬間瞬間の決断で言葉を選んでいます。

だから
自分の感覚を信じて即決することが
大事なんです。

スピーチトレーニングでは
「今すぐ、30秒で3つ出しましょう」
のように時間を制限。

みなさん
これでバシッと選べています。

★コツ② キーワードにする

選んで言語化する際は文章で書きません。
キーワードで出します。

例えば
「現状、課題、対策」
「達成したこと、できなかったこと、今後」

概念化した言葉で表しましょう。

文章を書くこと自体に意識が取られ、
選んで決める直感と本質が
弱まるのです。

 

★コツ③ 研ぎ澄ます

3つ出してみたあと、
ん?ちょっと納得できないな?

と感じたら
「何のために話すのか」
そもそもの設定がズレています。

「話す目的」を見直してください。

そして、
選んだ3つが目的を共有しつつ

MECE(漏れなくダブりなく)な状態に
しましょう。

あらゆる場面で使う

3つ選ぶ技は
あらゆる場面で活用できます。

会議の進め方、
書類のまとめ方、
会合や勉強会の企画など
いろいろな場面で使いましょう。

スピーチでも
上質な3つを選べる力が自然と身に付きます。

 

スピーチトレーニングでは、様々なフォーマットや方程式の基本を学び、使いこなし、あらゆる場面で自分らしく話せるように、サポートをしています。

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。
▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service
▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case
▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact


ボイスイメージ では「この方が伝わるように話すには、何が課題か?」を探り、お一人おひとりに最も適したサービスを提供しております。まずはお気軽にご相談ください。

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

関連記事

おすすめ記事

TOP