マーケティングでは「たくさん種類があると迷ってしまい、結局買わない」と言われます。

話も同じで、内容が盛りだくさんだと逆に何も残せません。

 

話す内容は3つに絞る。こうすると大抵うまくまとめられます。

3つ?それだと少ないのでは?

と思われるかもしれませんが、実際は1時間の話でも充分話せる分量です。

 

大切なのは「3つをどう選ぶか」。

まず、話す目的を明確にしておきます。

そして、色々出てきた話したい内容の中から目的に照らし合わせます。これかな、と決めたら迷わずパッと3つ、選びます。

コツは時間をかけすぎないこと。閃きや直感に従って決断します。

 

3つに決めたものに対して、なんとなく納得がいかない場合は、目的自体がブレている可能性があります。そこからやりなおしましょう。

スピーチトレーニングでも「今すぐ3つ出しましょう。1分で」とお声かけしながら行います。すると、不思議なことにどなたもきっちりお出しになります。

トップなら常に決断をしていらっしゃるはず。それと同じ要領で3つ、お選びください。

やってみると意外とできるものです。

金メダリストのスピーチコーチが直接指導【オンライン可】サービス紹介

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact