マーケティングでは「たくさん種類があると迷ってしまい、結局買わない」と言われます。

話も同じで、内容が盛りだくさんだと逆に何も残せません。

 

内容は3つに絞ると大抵うまくまとまります。

3つでは少なそうですが、実際は1時間の話でも充分足りる分量ですす。

 

大切なのは「3つを、どう選ぶか」。

ポイントは、まず話す目的を明確にしておくこと。

そして、決めたら迷わず、パッと3つ選びます。

コツは絶対に時間をかけないこと。瞬時に決断してください。

 

これがうまくいかない、3つ選べないというときは、まだ目的がブレているのです。そこからやりなおしましょう。

 

スピーチトレーニングでも「はい、今すぐ3つ出しましょう。1分で」とお声かけしながら行います。すると、不思議なことにどなたもきっちりお出しになります。

トップなら常に決断をしていらっしゃるはず。それと同じことで、3つ、お選びください。やってみると意外とできるものです。

 

スピーチは声に出して作る★社長のスピーチ必殺準備

 

〜〜〜〜〜

▶︎▶︎▶︎メルマガを始めました。

スピーチコーチ・森裕喜子の「リーダーシップを磨く言葉の教室」

https://www.mag2.com/m/0001692744

紙上トレーニングや課題、ライブ動画配信もあります。

 

〜〜〜〜〜

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

 

ワンメッセージで話せるか?記憶に残る言葉の出し方