わかりやすく話す力はこう磨く|リーダーのコミュニケーション術

話は短い方がいいとわかっていても、つい長々と話しがち。

ですが聞く人の心に残るのはひとつか、ふたつです。

どうしたらそんな風に話せるでしょうか。

記憶に残る話とは

スピーチトレーニング中の某お客様。

なぜ長く話してしまうのか、自己分析されました。

「言葉足らずで誤解されると困るから、それを恐れて話が長くなるんだ」

お気持ちはわかりますね。

でも、言葉が少ないと本当に言葉足らず、なのでしょうか。

 

小泉純一郎元総理は「自民党をぶっ壊す」「痛みに耐えてよく頑張った、感動した!」などの名言(?)を残しています。

これを誤解のないよう、きっちり説明したらどうなるか。

「あなたは体が痛いのを我慢して頑張られました。その戦いぶりに私共は大変感動しました。この度の優勝、誠におめでとうございます」

悪くありませんが、ありきたり。

人々の記憶には残らなかったでしょう。

 

KISSの法則

簡潔に話すことを、こういうのだそうです。

Keep it short and simple!(スピーチはKISSで話せ)

 

KISSでぎゅっと圧縮した言葉は、なんだろう?と人を振り向かせ、想像が巡ります。また、つい口に出したくなるような魅力も感じられます。

社長がそんな風に話してくれたら、社員も自然とその言葉を記憶するでしょう。

これぞ伝わった証拠。長々話してもこうはなりません。

伝わる言葉の見つけ方

KISSで話すにはどうしたらよいか。

トレーニングで私はいつも、こんな風にお客様に問いかけています。

 

「つまり何をお伝えになりたいのですか」

 

すると、まとまりのなかった話が嘘のように、強いひとことに変わります。

ここでのポイントは、声に出すこと!

ふと口をついて出てくる言葉の中に、これだ!という言葉があるのです。

パソコンに向かっていても出てきません。

立ち上がって、さあ、声に出しましょう!

 

顔の見せ方、知っていますか|リーダーのコミュニケーション術

 

 

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact