当たり前を見直してみると、新たな境地にたどり着くことがあります。

リーダーとして人前で話す際、多くの方がなんとなく行っているかもしれない「7つ」。

これらをスッパリやめてみてはいかがでしょうか。

ご自身が本来のお持ちの「伝える力」がきっと芽生え始めます。

 

【しなくて良い7つ】

  1. 話す言葉を全て書いた原稿は、作らない。
  2. 緊張しても、隠したり慌てない。
  3. 「私の話は面白くないかもしれません」などと謙遜しない。
  4. スピーチ中、水を飲みたくなったら我慢しない。
  5. 寝たり、反応が良くない聞き手は、気にしない。
  6. 少しくらい言い間違えても聞き手に謝罪しない。
  7. 上手に綺麗にスラスラ話そうとしない。

 

解説します。

  1. キーワードを見て話せるよう、声に出して練習することに時間をお使いください。
  2. 緊張するのが普通。事前準備していれば、緊張は「伝えるパワー」に変換されます。
  3. 謙遜などご無用です。出過ぎた杭は打たれない。ありのままでどうぞ。
  4. お水はご遠慮なくどうぞ。ただし、美しい所作で。
  5. どう聞こうと相手の自由。こちらは伝えることに集中すべしです。
  6. 社名・職位・人名・商品名等の固有名詞は例外です、必ず正しく発しましょう。
  7. 上手に綺麗に話しても、聞き手は褒めるだけで行動変容にはつながりません。

 

余計なことや思い込みを捨てれば、本来伝えるべき言葉と伝える力がクッキリします。

そうなれば、あとは自分の言葉で伝えるのみ。

スピーチにセルフリーダーシップを発揮してください。

 

【今日の学び】Less is more.

実例|時間がないけどスピーチトレーニング可能?にもお応えします

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact