スピーチ中の水の飲み方、タイミングは?堂々と飲んで影響力を放つ

★ワザ

こんにちは、森裕喜子でございます、

スピーチしていると喉が乾きますよね。
でも、どうしようかな、躊躇していませんか?

飲まずに我慢するのは体にも心にもストレス、良くありません。
遠慮なく飲んでいいんです。

それに、水を飲むことは「喉を潤すため」だけではないのですから。

水を飲んで場を変える

水を飲むと当然話は止まって
「その沈黙が嫌だ」
とおっしゃる方もいますね。

でも、この瞬間というのは
話しているだけでは発生しない
貴重な時空なんです。

なぜかというと
話し手が黙ることで
場に変化がおこるから。

話し手が少し黙ると、
聞き手はその間、耳を休めて一息つけます。

ですから、
慌てず、自分のペースでゆったり飲んで良いのです。

 

極上!水の飲み方

「注目を浴びながら飲むのは、ちょっと」
と思う方には、
人前での所作磨きだと思って、
ぜひこんな方法をトライしていただきたい。

優雅が水の飲み方、実際の例をご紹介。

  • 話が途切れた瞬間を見計らい、おもむろにペットボトルを手に持つ。静かに栓を緩め、ゆっくりグラスに注ぐ。
  • 横を向き、す~っとひと口。この間、会場にしばし空白の時が流れる。ご自身はまるで自分一人でそこにいるかのように、自然体。
  • グラスを置き、何事もなかったかのように話に戻る。

水を飲むこと自体が
話の流れに組み込まれているような、自然な立ち居振る舞いです。

優美な所作の源は

分析しますと、
このエレガンスの源は
どこにも余計な動きがなく、無理がない体の動き。

水を飲むことに限らず、
普段のすべての所作、
非言語の行動に欠かせない大原則です。

いわば究極の自然体ですね。

 

そのほかのヒント

飲むタイミングは
お好きな時にどうぞ。

話の変わり目や質疑応答前は
特にオススメ。
喉が渇いていなくとも
ご自身の気分転換に効きますよ。

お召し物がスーツにネクタイの場合、
ペットボトルから直接ゴクゴク、は避けましょう。

少々ワイルドに見えますね。

あらかじめ
グラスまたは紙コップを用意しておいてもらい、
ゆったり注ぎ、
王様のように余裕でお飲みください。

まとめ

話し手の堂々とした美しい立ち居振る舞いは
場の雰囲気も整えます。

「この人の話を聞こう」
という気になれますし、
信頼感も印象もグッと高まります。

影響力は
こうした
一つひとつの小さな言語非言語の積み重ねで
生まれるのです。

スピーチ中に
自然体で極上の振る舞いをするには、
日々の所作から
無理なく無駄なく行動する。

これしかありません。

今すぐ
始めましょう。

 

自分の場合はどうしたら?マンツーマントレーニングでわかりやすくアドバイスします。確実に学び取り、着実に成長しましょう!
公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。
▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service
▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case
▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

ボイスイメージ では「この方が伝わるように話すには、何が課題か?」を探り、お一人おひとりに最も適したサービスを提供しております。まずはお気軽にご相談ください。

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

関連記事

おすすめ記事

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

TOP