人前で話すと当然、喉が渇きます。でも飲むことをためらう方もいる。

「水を飲むときの沈黙が嫌い」「注目を浴びながら飲むのはちょっと」

飲まずに我慢するのはよくありません。スマートに飲む方法を知っておきましょう。

 

◆スピーチに相応しい水の飲み方

話し手はあらゆる所作が注目されます。どうせならカッコよく飲みましょう。

私のお客さまで実に素敵に水を飲まれる方がいらっしゃいます。

こんな風に。

  • 話がふと途切れた際を見計らい、おもむろにペットボトルを手に持つ。静かに栓を緩め、ゆっくりとグラスに水を注ぐ。
  • 落ちつきはらって横を向き、す~っとひと口。この間、会場にしばし空白の時が流れる。
  • グラスを置き、何事もなかったかのように話に戻る。

水を飲むこと自体が話に組み込まれているようで、それはもう実にお見事。

エレガントな動きの根本にあるのは「身体の使い方」。

「水を飲むときアゴを上げない。顔は動かさず、グラスを傾けて口に水を注ぐ」

要は、余計な動きが無いのです。

 

◆避けたい飲み方

ペットボトルの飲み口から直接飲むのはワイルドすぎます。グラスを使いましょう。

口元を片手で隠して飲むのは、ちょっと古のスタイルかと。隠すと逆に目を引きますね。

登壇したら最初に水を飲む。こうしなくて済むように登壇前に一口飲んでおく。

 

◆飲むタイミング

水を飲むと気持ちを切り替えられます。聞き手も一息つけます。

この効果を使い、話の変わり目や質疑応答で手が上がるのを待つ際が良いタイミング。

本番準備中に「ここでお水を飲みましょうか」とお伝えすることもあります。予め水を飲む時を決めておけば当日迷わなくて済みます。

水を飲んだ後は、心も体も、そして場も潤います。

遠慮なく飲んで、いいお話を続けましょう。

 

顔も運動不足?無表情スピーチの原因を取り除くリフレッシュ体操

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact