ステージ慣れしている方へ|あなたのマイクの持ち方、大丈夫ですか?

スピーチ基礎力

こんにちは、森裕喜子でございます。

何気なく行っているいつもの習慣を見直すと
新たな発見があるものですよね。

カラオケでもお馴染みのマイク、
「持ち方」が歌やスピーチに影響することを
ご存知ですか?

ステージでのパフォーマンスをマイクの持ち方で
ダメにしている人が大勢います。
でもご自身は全く気づいていません。
もったいないですね!

実際によく見かけるダメな例は・・・

スピーチをダメにする持ち方

★指先持ち

ワイングラスを持つように
そ〜っと指先でマイクを持つ。

危なっかしい!
スピーチにも力が入りませんね。

★両手持ち

片手で持てるマイクを両手で大切そうに持つ。
弱々しく、体も小さく見えてしまいます。

★ロック持ち

マイクが口元に近すぎて、見た目はロック歌手。
これではテンションが上がって
落ち着いて話せない体勢に。

実際早口な人に多い持ち方です。

これらのことからもわかるように

よい姿勢でマイクを持つ

ことが大基本です。

① 足は骨盤の幅に開き、安定して立つ
②片手でマイクの胴体中心部をしっかり握る
③ 口元から拳一つ分、マイクが離れるようにする

自然体で立ち、自然に持つ。
ただこれだけのことですが、体の癖によって
無意識のうちにダメな持ち方をして場合が多いです。

マイクの持ち方を正せば体軸が安定し、
堂々と話せる気持ちが湧き上がります。

実際、指先持ちだった方は声が安定し、
ロック持ちの方は早口が改善しました。

さらに

写真写りが良くなる

という利点もあります。

ビジネスマンがSNSやメディアで紹介される際は、
マイクを持つ姿の写真が好まれています。

理想的な持ち方なら、
いつどの角度から写真に撮られても絵になりますよ。

自分ではなかなか気づけない体の使い方。
今すぐチェックしてみてください。

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。
▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service
▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case
▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

なぜボイスイメージⓇはその他大勢と違うのか?
「社長のスピーチ戦略の秘密」とは・・・

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

関連記事

おすすめ記事

無料オンライン講座公開中!

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

社長のスピーチ戦略の秘密

TOP