手元原稿を見てブツブツ・・・。

感情表現もなく、聞き手に伝える気がないスピーチ。

最も聞いていてつまらないスピーチの筆頭ですね。

 

かつて、まさにそうなってしまう方がスピーチトレーニングを受けられました。

 

普段の会話ではきちんとコミュニケーションできるのに、スピーチではどうしても独り言のように見えてしまうのです。

 

独り言で話すスピーカーを見ると、聞き手は「心が入っていない」「やる気がない」「伝える気持ちがない」などと話す人の内面に何かネガティブなものを感じ取ろうとしてしまいます。

でも、本当は伝えたいと思っていらしたのに、なぜかそれが表現できないとのことでした。

 

そこで、まず、その方のお話ぶりを分析しました。

すると、独り言に見える最大の要因は「目線」でした。

 

登壇中は、常に手元原稿か机上のパソコンを見てお話になります。スライドがあればそこを見たままで話します。

つまり、聞き手の方をほとんど見ないで話を進めてしまわれるのです。

 

決して「伝えたい気持ちがない」のではありませんでした。

ただ「正確に話さなくてはいけない」という意識が強く、きっちりと原稿や資料を確認せずには居られない。だから聞き手の方を見るのは二の次になってしまうのでした。

 

そこで、原稿を確認しながらも、聞き手を見るタイミングを取れるような「目線」の練習をしました。

・記憶できている内容の部分は、聞き手を見ながら話す

・一文を話し終えたら、一瞬でも聞き手を見る

・話し続けなくて良い、間をとってゆったり話して良いと言い聞かせる

 

すると、淡々とした印象はありますが、ほっこりした優しさが感じられるお話に変わっていきました。

部下の皆様からも「社長のスピーチが変わった」とのご感想が出て、当の社長もとても嬉しそうでした。

伝えたい思いはあったのに、その気がないのかと思われてしまったら悲しいですよね。

 

伝わらないスピーチの要因は、心理的なことが理由な場合ものありますが、多くは今回の「目線」のような物理的要因です。これらは伝えようとする気持ちを阻止する「ノイズ」です。

ノイズを取り除けば、自ずと伝わる話ができるようになっていく。

これは様々な方のスピーチトレーニングを実施している中で、強く実感していることです。

 

手の使い方|社長のスピーチトレーニング

ダメな話はお辞儀でわかる|リーダーシップと伝え方

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact