「まるで独り言のようなスピーチをする」

そんな悩みを抱えた経営者の方がスピーチトレーニング にいらっしゃいました。

普段はきちんとコミュニケーションできるし、伝えたい意思もある。でも、スピーチになると独り言になってしまわれるのです。

 

まず、お話ぶりを分析しました。

すると、目線は常時、原稿が示されている机上のパソコンをご覧になっていました。聞き手を見ることはありません。

「とにかくきちんと話さなくてはいけないから、原稿を見ています」とご本人。

きちんと話すと意識が「きちんと読む」になっており、言葉に気持ちが入りません。

さらに聞き手には一切目線を向けない。

こうなると聞き手にとってはただの棒読みスピーチです。

「話に心が入っていない」「話そうという気持ちがない」「伝えようとしていない」などと思いたくなってしまいます。

 

最大の課題は目線。ですから原稿を確認しながらも、聞き手も見ることができる方法に切り替えていただきました。

一文を話し終えたら一瞬でいいから聞き手を見る。そしてまた原稿を見る。

すると、言葉にも心がこもるようになりました。少し淡々とした印象ではあるものの、ほっこり優しさが感じられる話に変わっていきました。

部下の方々から「社長のスピーチが変わった」とのご感想が出て、社長ご本人もとても嬉しそうなご様子でした。

 

伝わらない要因の多くは、このように物理的なものが多いのです。

伝えたい思いがあっても、行動や環境がそれを阻止している場合がほとんど。

これらのノイズ要因を取り除けば自ずと伝わる話に変わります。

自分を変えるのではなく、環境と行動を変えれば良いのです。

 

手の使い方|社長のスピーチトレーニング

今すぐ見直しましょう。ダメな「お辞儀」をしていませんか?

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact