手元原稿を見てブツブツ・・・。

聞いていて最もつまらない話の筆頭です。

「話に心が入っていない」「話そうという気持ちがない」「伝えようとしていない」などと思いたくなってしまいますね。

 

かつて、こんな状況の方がスピーチトレーニング にいらっしゃいました。

普段はきちんとコミュニケーションできるし伝えたい意思もあるのに、独り言になってしまう。こういう方、決して少なくありません。

 

まず、その方のお話ぶりを分析しました。

独り言になっているときには、いつも「目線」が落ちていました。つまり聞き手の方は保届いていないのです。

 

登壇中は、手元原稿か机上のパソコンを見てお話になります。スライドがあればそこを見たままで話します。

つまり、聞き手の方をほとんど見ないで話を進めてしまうのです。

その状況をお伝えし、話している際のお気持ちなどを聞いていくと

「とにかくきちんと話さなくてはいけない、という意識があるもので」

そのため、原稿や資料を確認せずには話したくない、だから、聞き手の方を見るのは二の次になってしまうのでした。

そこで、原稿を確認しながら聞き手を見るタイミングを取れるように「目線」の練習をしました。一文を話し終えたら、一瞬でもいいから聞き手を見るようにしたのです。

すると、淡々とした印象はありますが、ほっこりした優しさが感じられるお話に変わっていきました。

部下の皆様からも「社長のスピーチが変わった」とのご感想が出て、当の社長もとても嬉しそうでした。

伝わらないスピーチの要因は、多くの場合、今回の「目線」のような物理的要因です。心理的な原因があるように思いますが、伝えようとする気持ちを阻止する「ノイズ」が起こっているのです。

ですから、このノイズを取り除けば、自ずと伝わる話ができるようになっていきます。

これは様々な方のスピーチトレーニングを実施している中で、強く実感していることです。

 

手の使い方|社長のスピーチトレーニング

ダメな話はお辞儀でわかる|リーダーシップと伝え方

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact