「人を動かす」には発信力・言葉の力だけではムリ。足らないのは何?

スピーチ戦略

こんにちは、森裕喜子でございます。

トップリーダーが自らの発信力で組織を動かし、
ビジネスを変えていく。

これは申し上げるまでもなく、どんな組織も
求めていらっしゃることですよね。

とある製造業3代目の社長も
「会社を全国区にしたい」と思い、
ご自身のスピーチ力を活かして
トップ広報をすることになりました。

その社長はスピーチに苦手意識は少なく、
かなり話せる方でした。
ですので問題なくトップ広報ができるように
思われました。

でも、そうは行かなかった・・・

なぜか?

ある程度話せるなら、
それでいいと思われるかもしれませんが
実際は、

「話せる」だけでは何も動かない

のです。

なぜかというと
「発信力があること」と
「その力を仕事に活かす」は別だからです。

ここはちょっと混同しやすいところですね。

わかりやすく、会社で開発した商品で
ビジネスをすることを例にしてみます。

例えば、良い商品を開発できただけでは
売り上げになりませんよね。

まずは

・商品の魅力は何か
・誰に売るのか
・どこで売るか
・どうやって魅力を伝えていくか

など、いわば「売るための戦略」を立てて
いきますよね。

そして、それを実行する計画も必要になります。

これと同様に、社長の発信力も

・社長の発信力が持つ魅力は何か
・その魅力を使って、何を伝えるか
・どこで、誰に、いつ、どのように伝えるか

などの、いわば

発信力をビジネスに活かす戦略

が必要なのです。

こうして考えていくと、
大抵の場合、普段スピーチが難なくできる方でも
まずは「話す力の基本」を整備することが
必要になります。

なぜなら、話すことにおいて
常にある一定の結果を出す必要があるためです。

基本の整備とは例えば
ご自身が築いていらした「自分なりの方法論」に
理論的な裏付けを加えていただくなどです。

すると、社長のスピーチ力は
どんな場面でも伝わるように話せる自信が持てる
圧倒的強みになりえます。

また、これと同時に、
積極的に登壇場面を作るという
会社としての計画も大切です。

冒頭にご紹介した3代目社長の場合も、
同様に取り組みを行った結果、
とある登壇をきっかけに依頼が増えていき、
仕事の取引先も拡大しました。

こうなると社長に対する社員の意識も
どんどん変わっていきますから
会社の雰囲気も変わってくるんですね。

社長の発信力で人・会社・社会を動かす

ことを目指すなら、
戦略的に取り組んでいく必要があります。

こういった考え方はまだまだ浸透していません。
だからこそ気づいた方には
大いなるチャンスです。

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。
▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service
▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case
▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

なぜボイスイメージⓇはその他大勢と違うのか?
「社長のスピーチ戦略の秘密」とは・・・

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

関連記事

おすすめ記事

無料オンライン講座公開中!

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

社長のスピーチ戦略の秘密

TOP