スピーチトレーニングをされた方の実例です。

 

業界では先進的な取り組みをされるT社長。

会合などでスピーチすると周囲からは上手いと言われる方でしたが、

スピーチ力を活かして会社を全国区にしたいと考えられました。

 

トレーニング開始前、T社長の登壇は地域でポツポツある程度。

そこで、すぐ開始できる「朝礼スピーチ」を毎週1回設定。ただ話すのではなく、スピーチ力向上を目指すための計画です。

開始してほどなく、業界で影響力ある場への登壇が決定。反響は想像以上で、ここから様々な登壇依頼が舞い込みました。

トレーニング開始から10ヶ月経つ頃には、トップ広報として官庁関係や海外も含めて月に2〜3回は登壇されるようになりました。

同時に取引先も拡大。社長のスピーチがビジネスを動かし始めたのです。

 

強いアスリートになるには、競技がうまいだけではダメですね。「試合」という本番で勝利を積み上げていかなければなりません。

スピーチも同じことで、話す本番に出ることが必要です。

地区大会、県大会、全国大会、そしてオリンピックに出るイメージで、スピーチ本番を重ねる。

その本番目掛けて基本を学び、伝わる話になるように本番に向けた準備をする。

だからスピーチに強くなれるのです。

 

今は話す本番予定がなく、想像すらできなくても問題なしです。スピーチトレーニングを始めると本番は向こうからやってくる、実際多くのお客様がそうでした。

そもそもスピーチ力は誰もが持っています。トレーニングはそれを引き出すためにあるのです。

 

上手に話すことをゴールにするなら、趣味の域です。

戦略と戦術を持って準備し、本番に打って出ましょう。必ず強くなります。

 

トップリーダーはアナウンサーになってはいけない|ジョンソン英首相

 

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact