経営者がスピーチに強くなる、たったひとつの「絶対条件」

★極意

スピーチトレーニングで
会社の未来が動き出した、
ある社長の実例です。

地域で特徴ある取り組みをする
製造業3代目の社長。
「会社を全国区にしたい!」
そこでトップ広報をすることに。

さて、スピーチトレーニングで
何が起こったでしょう?

「話せる」と「伝わる」は別物

まず、スピーチが苦手ではないのは
良いことですね。

でも、実際、
その力をビジネスに活かせている人は、少ない。

なぜなら、
上手く話すだけでは
仕事の役には立たないからです。

例えば、
素晴らしい商品が出来上がっても
それを売る「計画と実行」がなければ
ビジネスにはなりませんよね。

同様に、
上手く話せるだけでは
ビジネスには活かせない。

スピーチにも
戦略的な「作戦と実行」が必要なのです。

社長のスピーチ力を高める作戦

この社長のスピーチ戦略を立てて、
トレーニングを開始しました。

基本を学ぶ一方で、
毎週1回の朝礼スピーチを決めました。

多忙な社長、
準備は大変そうでしたが、
それが通じて
聞く側の社員も至極熱心!
録画してなんども見直す方もいました。

会社に起こった変化

毎週の朝礼を開始してほどなく、
社長に、業界で影響力ある登壇依頼が
舞い込みました。

都内で1時間を超える大イベントです。

チャンス!

かなりハードルは高かったのですが、
戦略的に準備をし、
トレーニングを繰り返して
本番に挑みました。

結果、反響は想像以上!

そこから様々な登壇依頼につながり、
トレーニング開始から10ヶ月経った頃には
官庁関係も含めて
月に2〜3回のご登壇。

同時に取引先も拡大し、
社長のスピーチがまさに
ビジネスを動かし始めたのです。

そもそも会社のサービスに
高い価値があった証拠ですが、
社長が話すことで、伝わった!

トレーニング前には想像しなかった
結果が生まれました。

競技が上手いだけでは強い選手になれない。
試合に出て、実戦で闘わねば。

スピーチも同じで、
話す本番、それも大きな本番に出ることが必要。
地区大会、県大会、全日本、
そしてオリンピック。

戦略的に準備をして、
本番に打って出るのです。

スピーチは才能なんかじゃない。
そもそも誰もが持つ力。

トレーニングは
それを引き出すためにあるのです。

伝えたいと思ったその日から、
もう始まっているのです。

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。
▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service
▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case
▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

ボイスイメージ では「この方が伝わるように話すには、何が課題か?」を探り、お一人おひとりに最も適したサービスを提供しております。まずはお気軽にご相談ください。

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

関連記事

特集記事

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

TOP