影響力ある話をしたいなら、起承転結は気にしない!

スピーチ基礎力

こんにちは。森裕喜子でございます。

ある経営者が
「スピーチは難しい。話が起承転結にまとまらない」
と言われてハッとしました。

話は起承転結でまとめるのが当たり前。
そう考える人が多いのです。

・・・恐れ入りますが申し上げます、
伝わるスピーチに起承転結は不要です!

20分を超えるような長丁場や
きっちり説明したいプレゼンなら、
もちろん話の組み立て方は大切。

でも相手に響く言葉で話したいときは
構成うんぬんより
もっと重視すべきことがある。

それが「ひとこと」のインパクト。

構成や起承転結を気にすると
話す順番ばかり考えます。すると
出す言葉にあれこれ迷いが生じます。

そんな自信がない話に
相手の心が動くはずもありません。

人の気持ちは
何らかの衝撃を受けたその瞬間に動く。だから
聞き手を動かすような話には
インパクトある「ひとこと」が
一番大切なのです。

よく「結論から話せ」といわれるのも
この理由からでしょう。

影響力あるスピーチをしたいなら
まず最初に「ひとこと」を発する。
そして詳しく話していき、
最後にもう一度「ひとこと」を繰り返す。

こうすれば
起承転結を考えずとも
話は自然とまとまります。

となりますと、
インパクトある「ひとこと」がポイントですね。

どうやって生み出すか?

カギは「決断力」です。

経営者の方は
日々の仕事で常に決断をしていらっしゃいますから
「ひとこと」を生み出すのも得意なはずです!
どうぞ自信を持ってお出しください。

スピーチの内容の組み立て方に困ったら
思い出してください。
とにかく「ひとこと」を出すことが先決です。

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

関連記事

おすすめ記事

TOP