スピーチで手が落ち着かない?自然なジェスチャーで話せる新習慣を

スピーチ戦略

こんにちは、森裕喜子でございます。

立ってスピーチするとき、指がモジモジ、手のやり場に困るなんてことはありませんか?

これにはちゃんとした理由があるんです。
解決して、ラクに話しましょう。

 

手は正直

人は言葉を持つ前、
身振り手振りでコミュニケーション
していましたよね。

脳の中でも
口と手を司る部位は隣同士だとか。

手は第二の口ですね。

ということは、
スピーチで緊張すると、
顔はクールでも
手はモジモジしてしまうんですね。

 

スピーチを邪魔する手

でも、
体はすごいですね。

手から本音が漏れることも承知済みで、
それを隠そうとします。

例えば↓

手を前で組む

人前に立つと
自然とこの格好になりますよね。

一見、良さそうなポーズですが
手のモジモジを
抑えようとしているんです。

でも、スピーチには向かない体です。

体を縮めて小さく見え
(私は自信がありません)と
周囲に知らせているようなものです。

 

手を後ろに組む

手に黙らせる上、
隠しごともしてる。

そんなポーズです。

スポーツアスリートが話す際
よくこうしていて
気になっています。

コーチの話を
ひたすら黙って聞く姿勢が
癖になったのでしょうか。

いずれにしろ
自分の考えを話す体ではないですね。

 

アクセルとブレーキ

手は気持ちを語ろうとし、
体はそれを阻止しようとする。

車なら
アクセルを踏みつつ
ブレーキもかける状態。

そんな苦しい体で
いい話はできるません。

さて、どうする?

自然体に戻る

まず
体をニュートラル、
👉自然体に戻しましょう。

両足を肩幅に開いて立ちます。
足の裏を地面にしっかり付け、正面を見る。
すると、腕は自然と体の脇に垂れます。

この体勢は、
人間の骨格ありのまま。

でも
最初はちょっと
落ち着かないかもしれません。

私たちは普段から
ストレスで
体のバランスが崩れているんです。

だから
少しづつ
本来の自然体を取り戻しましょう。

手が自然に語り出す

緊張と抑圧から解放された自然体なら、
手は自然なジェスチャーで
語り出します。

本来の表現力を発揮できると、
手は
頼れる存在です。

実際、
自然なジェスチャーが出るのは
話すことがラクで
いい話ができている証拠

スピーチはラクに話していいんです!
手も心も解放して話しましょう。

 

 

👉自然体になる関連の記事↓

スピーチトレーニングではお一人おひとりに最適なメニューでサポートします。
手や全身を使って自分らしく話すスピーチは、誰でもできる力を持っています。
その力、引き出してませんか?

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。
▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service
▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case
▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

ボイスイメージ では「この方が伝わるように話すには、何が課題か?」を探り、お一人おひとりに最も適したサービスを提供しております。まずはお気軽にご相談ください。

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

関連記事

おすすめ記事

TOP