スピーチ中、手のやり場に困ることはありませんか。

手は第二の口、雄弁です。話す表情で余裕のようでも本音が手から漏れています。

スピーチでの手の扱い。どうしたらよいのでしょうか。

 

◆スピーチをダメにする手の位置

姿勢良く立つことはスピーチの「基本のき」ですが、黙って立つのは意外と難しいもの。

「手の位置はどうしたらいいですか」とよくご質問をいただきます。

よく見かける手の状態は下記の3つ。

 

・手を前で組む……黙って立つときのポーズ。遠慮がち、控えめに見えます。

・手を後ろに組む……隠しごとをしている、または尊大な印象を与えるかもしれません。

・腕組み……自己防衛。コミュニケーションしづらい印象になります。

 

指先がもじもじ動いたり、両手を揉むなども多いですね。

これらは印象が下げるだけでなく、話す力を自分で止めていることにもなります。

 

◆手にも語らせる

手が第二の口ならば、うまく活用しましょう。

まずは何もせず、両腕を体の脇に垂らした状態で立てるようにします。

手持ち無沙汰を感じたら、丹田にぐっと力を入れます。これで良い姿勢にもなれたはず。

きちんと立てれば、手は余計なことをせず、自然と語り出してくれます。

 

◆まとめ

力強く話したいなら、手は前で組まないと決めましょう。

そして、肚を決め、良い姿勢で立つ。

すると手が自然と語り出す。

スピーチでの伝え方が、ぐっとグレードアップします。

 

ダメな話はお辞儀でわかる|リーダーシップと伝え方

 

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact