緊張に負けるな、チャンスに変えよ!秘技2ステップ

★極意

緊張して話せない・・・

解決するには、的確な事前準備と経験を積むことに尽きます。断言。

ですが、まだ経験が少ない時やとっさのスピーチではどうするか?

そんな方に、必殺技です。

 

◆緊張したら、打ち明ける

人は、どうでもいいことに対して緊張もしません。ですから、

「緊張してるけど、これはやる気がある証拠。これでいいんだ」と緊張している自分を受け入れましょう。

そして、スピーチの冒頭は、こんな風に始めます。

「みなさん、こんにちは。お久しぶりです。
今日はお集まりいただきまして、ありがとうございます。」

なんとか挨拶だけはしておき、次がポイントです。

「こうして大勢の皆さんを前にしますと、やはり、緊張します!」

本音を打ち明けるには勇気がいるかもしれませんが、素直になってください。

鎧を脱いだら緊張も少し緩んできます。

正直な言葉に、聞き手も共感してくれるでしょう。

落ち着いてきたら、話の本題に入りましょう。

 

話す速度は、ゆっくり、ゆっくりです。

緊張していると呼吸も浅く早くなる。ゆえに早口になります。焦りが増して声もうわづります。そしてますます緊張する。

だからこそ、あえて、ゆっくり、ゆっくりなのです。すると呼吸が落ち着いてきて、緊張もほぐれやすくなります。

 

緊張したら受け入れる。ゆっくり話す。

この2ステップで、ドキドキの緊張が、ワクワクの緊張感になりますように。

応援しております。

「責任が重くなり会議の発表で緊張するようになった」原因と対策実例

実例|ボイトレスクールも治せない声の悩みが、すぐ解決した!

 

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

ボイスイメージ では「この方が伝わるように話すには、何が課題か?」を探り、お一人おひとりに最も適したサービスを提供しております。まずはお気軽にご相談ください。

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

関連記事

特集記事

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

TOP