スピーチ力は才能ではありません。スピーチトレーニングは筋トレと同じで、やれば誰でも強くなれます。

方法を知ったら体で行えるように練習する。やがて話す筋肉がつきます。これがいつの間にかスパルタトレーニングと呼ばれるようになりました。どんな雰囲気のものか、実際の写真で紹介いたします。

<スパルタトレーニング セッション風景>

体操

お仕事中、体は凝り固まっています。体を使って声を出しますから体をほぐしておくとよいのです。スーツを着ていてもできる、簡単な準備体操をいくつか行います。

特に、顔と肩甲骨をほぐすようにします。

training1

 

姿勢と動作

すべてはしっかりと立つ、良い姿勢から始まります
一人ひとりの体を状態に合わせてチェック。体がリラックスしていれば自然と腕は脇に垂れます。

聞き手に顔をしっかり見せて、安定して立ちましょう。

training2

声を出す

スピーチしようとすると声が出ない、聞き取りづらいと言われる、自分の声が嫌い・・・お悩みは様々。分析すると、声が出ないのではなくて「声を出さないように話す癖」が人によって色々あるとわかってきました。

気持ちよく声が出る感覚を体で覚えるられるよう、理論的なことも伝えながら、自分本来の声を見つけていただくように指導しています。

training3

 

スピーチ練習

スポーツや勉強と同様に、スピーチにも効果的で効率的な練習があります。お一人おひとりに有効な方法を選んで練習し、毎回フィードバックをします。マンツーマンのセッションで一番盛り上がるのがここです。

「こうすれば話せる」と見えているトレーナーは遠慮なく檄を飛ばします。できるまで何度でもやる。ここで磨いておくからこそ、どんな本番でも力を発揮できるようになるのです。

training4

レクチャー風景

闇雲な練習では学びが身につきません。
なぜそうするのか?そうするとどうなるのか?理論を知っていただくための講義です。

トレーニングでは常にお客様のスピーチ状況や会社のブランドイメージ、戦略などを考慮しています。スピーチとビジネスが乖離することないよう、すぐにお仕事で使えるように学んでいただきます。

training5

 

動く、話す、想像する、考える。スピーチに必要な要素を盛り込んで行うトレーニングをできるまで繰り返します。できない理由はなぜか、もわかりますので、伝わるスピーチに一歩一歩近づきます。

写真を通してスパルタトレーニングの雰囲気を少しでもお感じいただけましたら幸いです。

 

<関連記事のご紹介>

成功のゴールイメージを持つ|社長のスピーチトレーニング

 

*〜*〜*〜*〜*〜*

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

*〜*〜*〜*〜*〜*

お読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です