トップアスリートも必ず行うというイメージトレーニング。

スピーチでも是非行っていただきたいです。

 

どうイメージしたら良いか。

話し出す前から終了後までの例を書きました。

大聴衆に向けた講演の設定です。状況等に応じて自由にアレンジしてください。

 

<こんな風に話せたら 例>

舞台の袖で深い深呼吸をひとつ。

司会に名前を呼ばれ、ゆったりと舞台に歩み出ていく。

自然体で堂々とした姿勢。

 

話す位置に着く。

聴衆全体を視界に入れる。

お辞儀をし、顔を上げ、もう一度聴衆を見て、話し出す前の3秒間は黙っている。

聞き手の意識が一つになるのを感じたら、勝負をかけた第一声を繰り出す。

 

話の内容には一つの大きな流れがあり、わかりやすく整理されている。

想いを込めたメッセージを伝える。

 

聞き手一人ひとりに話しかけるように、

遠くの聞き手にも目線を投げかける。

話し手が遠くにいても、聞き手はそれを感じない。

話に興味を持ち続け、共感できる。

 

聞き手が一瞬つまらなそうな表情でも、左右されず、伝えることに集中する。

顔の表情も豊かで、無理がない。

時折、自然なジェスチャーが出る。

メリハリがあって聞いていて飽きないが、常に自然体である。

時折水を飲む。これも話の節目になる。

 

服装は体に馴染んでおり、動きを邪魔しない。

とはいえ自身のスタイルがあり、TPO を考慮している。

写真に撮られても、イキイキ話す様子が伝わる。

 

時間は早く過ぎたように感じ、

質疑応答も活発に行われ、質疑応答も活発に行われる。

 

聞き手はそれぞれに感じ入り、学びを得ている。

「この人の話をもっと聞きたい」と思いながら会場を出る。

聞き手の心には話し手が最も伝えたかった言葉が強く刻まれている。

東京2020 金メダリストのスピーチコーチが直接指導【サービス紹介】

スピーチの基本「自己紹介」で、どんな出会いも最高の機会に

 

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact