お辞儀。

毎日当たり前に行っている、ほんの数秒の行為ですが、疎かにしていませんか?

 

お辞儀は、仕方ひとつで人のあり様を伝えます。

そして、もちろんスピーチ全体、内容や声などにも影響します。

毎日自動的に行っているものだからこそ、改めて見直したいものです。

 

世間で見かけるスピーチでのお辞儀は、実に様々。

  • マイクの頭を叩いてチェックしてから、お辞儀
  • マイクにぶつからないよう、体を斜めにしてお辞儀

これらはカッコ悪いお辞儀の代表例。本当によく見かけます。

 

  • 目は前を向いたまま、ちょこんと会釈

とりあえず頭を下げただけで、聞き手への敬意がありませんね。

 

  • 手を前で組んだまま頭を下げる

これも残念。手を前で組むと体が小さくなり、遠慮がちに見えます。

堂々とした印象は出せません。

 

スピーチを引き立てるお辞儀として、当方では「小笠原流礼法(弓馬術礼法)」で教えていただいた方法を取り入れています。

800年以上続く武士の立ち居振る舞いは動きに無駄がなく、安定と信頼感があります。

  • 腕は脇に垂らした良い姿勢で立つ。
  • 背筋を伸ばして、頭を下げていく
  • 手の位置は、腿から膝上へと滑り降りるようにする

上記は概要ですが、そもそもの体の動きを生かしているため、自然体で行うことができます。

相手への敬意を表し、自らの気持ちと呼吸を整えることができるお辞儀。最初の第一声も出やすくなります。

 

これを見たら、

「む、この人はちょっとちがうぞ」と聞き手は注目するでしょう。

日々のお辞儀から見直して、大切に行ってください。

 

オンラインでも信頼を得られるかどうかは「顔」の見えっぷり次第

 

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact