美しいお辞儀は言葉を超える。人の心が動く非言語メッセージ

成功マインドセット

こんにちは、森裕喜子でございます。

毎日何度も繰り返す「お辞儀」。スピーチでは話すよりも前に行い、話を仕舞う際にも行う大切な所作。
時間的には一瞬の行動ですが、心を込めたお辞儀は言葉以上のパワーがある。
おろそかにできませんね!

お辞儀の意味合い

日本人にとって、
お辞儀は当たり前の習慣。

本来は
相手と心を通わせ、
互いの呼吸を合わせて
行うものです。

スピーチでは
聞き手に敬意を表す意味合いもありますが、

冒頭のお辞儀は
自分の呼吸を整え、心を込めて話す合図に。

話し終えた際は、
聞いていただいたことへの
感謝も示します。

こう考えると
お辞儀がスピーチにどう影響するか、
想像できますよね。

残念なお辞儀

よく見かける
スピーチでの残念なお辞儀は
実にさまざまです。

代表例を2つ、挙げます。

目は前を見たまま、ちょこんと頭を下げる。
形だけのお辞儀。
相手の敬意もなく、
信頼感を欠く印象ですね。

手を前で組んだまま、頭を下げる。
手を組んで体を小さく縮ませている印象。
リーダーに相応しくありません。

⭕️スピーチを格上げするお辞儀

良いお辞儀は
ゆったりした呼吸から生まれます。

<手順>

余計な力が入っていない自然体で立ち、
真正面(相手)を見てから、頭を下げる。
そして、ゆったり頭を下げる。

頭をゆったり上げてきて、
再び真正面(相手)を見る。

<ポイント>

言葉を発しながらお辞儀をしない。
挨拶は挨拶、
お辞儀はお辞儀というように
分けて行うと丁寧です。

手も自然に使う

手をどこに置くか、
は大切なこと。

人間の骨格のまま、
自然に立つと
腕は体側に垂れます。

その状態で
上半身を倒して頭を下げると、
手は自然と腿の前に来る。

そのまま手を
膝の上まで滑らせると、
ちょうど良い角度のお辞儀になります。

ズボンの脇の縫い目やお尻に
手を付けたまま頭を下げる方もいますが、
体の仕組みからすると
無理がありますね。

礼に始まり礼に終わる

ほんの数秒の所作ながら、
心(呼吸)を互いに通わせる。

お辞儀は非言語コミュニケーションです。

当たり前をやりきるから
相手の心が動くのです!

気持ちを込めて
自然に、美しく、
お辞儀しましょう。

 

人前に出る際は、一つ一つの所作にも意味があり、印象形成につながります。
スピーチの言語非言語、両方をトレーニングで磨いてみませんか?
公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。
▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service
▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case
▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

ボイスイメージ では「この方が伝わるように話すには、何が課題か?」を探り、お一人おひとりに最も適したサービスを提供しております。まずはお気軽にご相談ください。

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

関連記事

おすすめ記事

TOP