「初めてオンラインで登壇します。話すシナリオを一字一句書いた方がいいですか?」

ご質問をいただきました。

まずはご登壇おめでとうございます!大切な機会、伝わるように準備したいですね。

 

そしてお答えです。

結論からすると、一字一句書かない方が良いです。

 

理由は3つ。

まず、誰でも自分の「話すリズム」があるから。

書いた文章と話し言葉は違います。言葉選びや句読点の位置すら違う。

書いたままを話そうとすると、いつも話すリズムと異なり、話しづらいのです。

 

2つ目は「原稿通りにきちんと話さなくては」に縛られます。

一生懸命伝えようとする人ほど、この沼にハマる。

一字一句正しく読もうとした結果「棒読み」に。

 

そして、完全に一方通行の話になるため、話し手も聞き手も楽しくない。

スピーチは聞き手の反応や場の雰囲気を感じながら話すから良い話になる。つまり双方向コミュニケーションなのです。

原稿に縛られると、そうはいきませんね。

 

これらのことから「原稿通りに話したら失敗しました」と多くの方がおっしゃいます。

 

一字一句書かないなら、どう準備するか?

 

文章ではなく、キーワードを書き出しましょう。

キーワードを見て話せるようにしておけば、語尾や話すリズムは自由ですね。そして「これは必ず言いたい」という言葉は忘れることなく話せる。

この方法の更なる利点は、文を書くより準備時間が短くていい!

いきなりキーワードを書き出すのが難しい場合は、まずは文章で書いてみましょう。そして、話す練習をしながらキーワードを抜き出すようにすると慣れてきます。

 

リーダーは、しないことを決める。スピーチで「やらなくていい7つ」

東京2020 金メダリストのスピーチコーチが直接指導!サービス紹介

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact