年末の挨拶をする方へ|社員が「聞けてよかった」話はこうまとめる

★今すぐできる

こんにちは、森裕喜子でございます。

コロナに揺れた2021年も年末の挨拶の時期ですね。
社員に向けてどんな話がいいかとお考えの経営者に、シンプルなまとめ方のヒントです。

社員が「聞いてよかった」と思えるスピーチとは、どんなものでしょう?まとめ方の手順も含めてお伝えします。

 

あなただけの言葉で

時節の挨拶ですから
「1年間お疲れ様でした、ありがとう」
労いと感謝は必須ですよね。

でも、どこかで聞いたような
ありきたりの文句では
社員は耳を開きません。

社長にしか話せないことを
聞きたいのです!

例えば、
以下の順番でまとめてはいかがでしょう。

 

まとめる手順

★まず、今年一年をひとことで
さて、どんな言葉になりますか?新聞のヘッドラインのようにズバッと言い切りましょう。

★次に、この一年の会社のニュースを
成果や実績など、良いニュースを話します。エピソードも交えて具体的にどうぞ。

★そして、苦労や大変だったことを
反省で終わらせないように、
次へのチャンスになるように
ポジティブにひっくり返して
お話しください。

ここ、ポイントです!

頼もしいトップリーダー
なのですから!

★新たな年をどうしたいか
基本計画など簡潔に。
ただし、
これを長く話すと
新年の挨拶になってしまいますから
ご注意を。

★まとめのひとこと
冒頭のひとことを受けて、
何かおっしゃってください。

ご自身の思い、感情を含めるといいですね。

まとめ方のポイント

「良いニュース/苦労や反省/来年」と
3つを入れた点です。

自社の具体的内容ですから
共感が湧き、
興味を引くでしょう。

ぜひ社長ご自身の「実感」を込めて
正直に語ってください。

秘訣

少しくらい
内容がぐずぐずになっても、
最初と最後のひとことの「2箇所」だけは
しっかりお伝えください!

そうすれば
スピーチとしてまとまりが出ます。

まとめ

どんな言葉で表現したらよいか?
と迷ったら
(誰に、何のために話すか)が
ボヤけています。

コロナに揺れたこの一年。
共に乗り切ってきた社員や部下を思い浮かべ、
短時間でまとめましょう。

この腹決めが伝わる話になるか、ならないか、を決めます。

ご自身への労いと
来年の決意も込めて、
ご準備くださいませ。

歓送迎会でスピーチする人へ|場を味方につけて盛り上げる技|メディア掲載

スピーチで最低限必要なことを知りたい人へ|3大基本のワンポイント

スピーチ原稿書くか迷う人へ|オススメは短時間、暗記不要のまとめ方

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

ボイスイメージ では「この方が伝わるように話すには、何が課題か?」を探り、お一人おひとりに最も適したサービスを提供しております。まずはお気軽にご相談ください。

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

関連記事

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

TOP