コロナに揺れた2021年も年末の挨拶の時期ですね。

社員に向けてどんな話がいいかとお考えの経営者に、シンプルなまとめ方のヒントです。

 

時節の挨拶ですから「1年間お疲れ様でした、ありがとう」の労いと感謝は必須。

ですが、ありきたりの文句では社員は耳を開きません。社長にしか話せないことを聞きたいのです。

例えば、以下の順番でまとめてはいかがでしょう。

 

★まず、今年一年をひとことで言い表します。どんな言葉になりますか?新聞のヘッドラインのようにズバッと言い切りましょう。

★次に、この一年の会社の成果や実績など、良いニュースを話します。エピソードも交えて具体的にどうぞ。

★そして、苦労や大変だったことを言及。反省で終わらず次へのチャンスになるようポジティブにひっくり返してお話しください。頼もしいトップリーダーなのですから!

★新たな年をどうしたいか、基本計画など簡潔に。ただし、これを長く話すと新年の挨拶になってしまいます、ご注意を。

★冒頭のひとことを受けるようにして、スピーチを締めます。

 

このまとめ方のポイントは「良いニュース/苦労や反省/来年」と3つを入れた点。自社の具体的内容ですから共感が湧き、興味を引きます。ご自身の実感を込めて正直に語ってください。

少しくらい内容がぐずぐずになっても、最初と最後のひとこと2箇所だけはしっかりお伝えください!そうすればスピーチとしてまとまりが出ます。

 

どんな言葉で表現したらよいか・・・と迷ったら(誰に、何のために話すか)がボヤけています。

コロナに揺れたこの一年。共に乗り切ってきた社員や部下を思い浮かべ、短時間でまとめる!この腹決めが伝わる話になる秘訣です。

ご自身への労いと来年の決意も込めて、ご準備くださいませ。

 

メディア掲載|忘年会や新年会でスピーチを盛り上げる3つの技とは?

ビジネスマンの基本、人前で話す「基本の3つ」クリアしていますか?

内容を一字一句書くのをやめたら、いいスピーチになった理由

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact