2022年、新しい時代が始まりました。

紋切り型の文句や恒例の干支には触れない、自分の言葉で話す年始のスピーチはいかがでしょう。

すぐできるまとめ方をご紹介します。

 

まず「このスピーチはなんのために行うのか」目的を言葉にします。

例えば

「一年の始まり、今年も一年、心新たに全社全員で頑張ろうと士気を上げるため」

としましょう。

 

このままだとよくある文言。でも、キーワードを順に具体化していくと自分らしいスピーチに変わります。

 

・「今年一年」我が社にとって2022年はどんな意味があるか?具体的に表現する。

・「心新たに」具体的に話すと、どんな言葉になるか?

・「全員で頑張る」我が社の場合どういうことか? 特に今年、社長はどう頑張るか。そして社員にどう頑張ってほしいか。

 

コツは、書くのではなく声に出すこと。

そして時間をかけず一気呵成に行う。こうするとパワフルな自分の言葉が生まれます。

スピーチトレーニングでもこの方法をよく使いますが「今すぐ出しましょう!」と掛け声をし、その場で声に出していただきます。

迷う隙のない決断の連続が良い言葉を出す秘訣。

ものの数分でスピーチの大枠が見えてきます。

 

仕上げに、スピーチの最初と最後の2箇所に、聞き手の印象に残る一言をプラス。

もう少し欲張りたいときは、お正月のエピソードや今年の目標などを加えるのも良いですね。

 

どこかで聞いたような話には、やる気が出ません。

ご自身にしか言えない社長の言葉で、2022年を始めましょう。

 

年末挨拶 社員が「聞けてよかった」話はこうまとめる

メディア掲載|忘年会や新年会でスピーチを盛り上げる3つの技とは?

ビジネスマンの基本、人前で話す「基本の3つ」クリアしていますか?

内容を一字一句書かないから、いいスピーチになる

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact