あくまでも主観ですが、真面目な方ほど原稿棒読みのスピーチになってしまうように思います。

誰だって棒読みしたくはありません。

それには、原稿に一工夫!

ぐっとスピーチしやすくなるコツをお伝えします。

 

ご自身で原稿を書く場合は、普段の言葉(話し言葉)で書くようにします。

 

スピーチ原稿を他の方が書く場合、ご自身が読みやすくなる工夫を加え、棒読み要因を排除しましょう。

まず大切な言葉やキーワードのすべてに「  」をつけます。声に出しながらその場で原稿に「 」を書き込みます。「  」はたくさんあって構いません。

また、これは要らない、ここは言い換えたい、という言葉があれば可能な限り検討します。

この作業はスピーチトレーニング中にもよく行いますが、赤ペン先生になったような感覚になるのか、みなさま楽しそうにされています。

 

仕上げには必ず立ち上がって話します。句読点の位置や言い回しを微調節すると自分なりの話すリズムがつかめてきます。かなり内容も頭に自然と入ってきているはずですので、間(ま)や抑揚も良くなります。

「なんだかいい感じになってきたぞ」となれば、原稿直しは上手くいった証拠。

あとは本番に向けて練習を重ねます。

 

棒読みは、無理に自分を原稿に合わせようとすることが原因なのです。

原稿を自分に近づけましょう。

 

マスク着用中こそ「通る声」で話す〜すぐに試せる発声練習

感情は「数字」で話す|もう一度ジョブズに学ぶプレゼン(2)

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact