あくまでも主観ですが、真面目な方ほど原稿棒読みのスピーチになってしまう傾向があるように感じます。

きちんと読まなくてはいけない。そんなお気持ちからではないでしょうか。

すると、自ずと「読みあげるスピーチ」になって気持ちが籠らなくなる・・・

 

誰だって棒読みしたくはありません。

そこで、原稿に一工夫しましょう。

言葉の表情を出しやすくするコツがあります。

 

ご自身で原稿を書く場合は、普段の言葉(話し言葉)で書くようにします。

文語体になっていたり堅苦しい言葉を選んでいないか、要チェック。

書き上げたら、句読点や語尾も確認して、普段の話し方に近づけます。

 

他の方が原稿を書く場合は、自分で読みやすくする工夫を加えます

まず、大切な言葉やキーワードのすべてに「  」をつけます。

声に出しながら、その場で原稿に「 」を書き込みます。

「  」はたくさんあって構いません。

次に言葉を精査します。

言い換えたい言葉があれば、可能な限りで検討します。

この作業はスピーチトレーニング中にもよく行いますが、赤ペン先生になったような感覚で、みなさま楽しそうに実行されます。

 

仕上げは、必ず立ち上がって声に出し、自分の話すリズムに合っているか、確認しましょう。

ここまで行うと、内容も頭に自然と入ってきているはずですのから、「間(ま)」や抑揚も自然な感じで話しやすい原稿に進化しているでしょう。

 

棒読みは、自分を原稿に無理やり合わせようとするのが大きな要因。

原稿を自分に近づけて、心を込めて話しましょう。

 

マスク着用中こそ「通る声」で話せばスッキリ!発声法

感情は「数字」で話す|もう一度ジョブズに学ぶプレゼン(2)

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact