昔、クリス・コナーというジャズシンガーがいました。

ハスキーで真っ直ぐな勢いのある声は、トランペットボイスと呼ばれました。

 

あるライブレコーディング中のこと。

バラードを歌っていた彼女は、急に高い音でシャウトしました。

 

I forgot the lyric for this tune…..

ここの歌詞、忘れたわ・・・

 

歌詞がぶっ飛んだんです。録音中、観客の目の前で。

やり直しもできません。

どうしようと考える前に、体が勝手に反応したんでしょう。

そして、彼女はつぶやきました。

 

Keep going

続けといて

 

バックミュージシャンに、あたしは歌えないけど演奏は止めないで、と指示したのです。

 

ツワモノ!

さすがジャズ!

 

やがて彼女、歌詞が頭に戻ってきたらしく、ケロリと歌い出しました。

ハプニングさえも音楽の一部になる、ジャズの魅力の一つですね。

クラッシック音楽だとこうはいきません。

そして、日頃の努力があるから、トラブルもチャンスに変えられるのです。

 

スピーチも同じ。

言葉が飛んだ、一瞬真っ白になった、そうしたら次が勝負。その場から出て来る言葉で話しましょう。

実は私も真っ白になりますが、正直に白状します。

「今何を話してたんでしたっけ」

すると、次が出てくる。

 

そもそも言葉を紡いで話すこと自体が、即興。

ジャズは、とってもスピーチに近い音楽です。

先ほどの歌

歌手名 Chris Conner

曲名 “Black Coffee“

 

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact