スピーチ中、頭が真っ白になったら?覚悟して即興力を出せるか、撃沈か。

スピーチ戦略

こんにちは、森裕喜子でございます。

スピーチ中、急に話す内容が飛んでしまい、頭の中が真っ白になったら・・・
大丈夫!こんな頼もしいエピソードがありますよ。

 

あるライブ録音で

往年のジャズ歌手、クリス・コナー。

あるライブレコーディングで
バラードを歌っていたとき。

急に高い音で叫びました。

”I forgot the lyric for this tune…”
(ここの歌詞、忘れたわ)

歌詞がぶっ飛んだんです。

どうしよう?と考える間もなく
体が勝手に動き、
メロディーも歌詞もフェイクして(=変えて)
叫んだのでした。

自分でも笑ってしまうくらい
だったんでしょう、

”Keep going・・・”
(続けて・・・)

バックミュージシャンにつぶやいた。

「あたし歌えないけど、演奏続けといて」

と指示したんです。

ツワモノ!

これぞジャズ

しばらく歌わずに
黙っていると
歌詞が戻ってきたらしい。

ケロッと歌い続けました。

ハプニングさえも音楽の一部。
ジャズ!

クラッシック音楽だとこうはいきません。

楽譜通りに
やらないといけませんから。

スピーチでも真っ白に

スピーチでも
言葉が飛ぶ、
頭が真っ白になることはあります。

準備を重ねていても
そういうことはある。

ここはジャズ的に手を打ちましょう。

リカバー方法2つ

話す内容が飛んで真っ白になったら?

慌てず、落ち着きましょう。
その後は2つの方法で。

1)ちょっと黙って言葉が戻るまで待つ
2)その場で出て来る言葉で話し続ける

事前にきちんとスピーチ準備をしていれば
1も2も可能です。

ぜひ2にトライして欲しい、
スピーチは「ライブ」だから!

話すことの即興性

そもそも
話しているとき、
瞬間に、即興で言葉を出していますよね。

(次はこの言葉だな)
と随時考えながら話す人は
いないはず。

だから
一瞬真っ白になっても
またそこから続ければ良い。

焦って慌てると、すべてがダメになります。

聞き手が気になる?

聞き手は
「自分に便益があるかどうか」で
話を聞きます。

ということは
話し手が少しくらい言葉に詰まっても
気にしません。

一瞬の真っ白を気にするのは
話し手のあなただけなのです!

トラブルさえも楽しむ。
これがスピーチというライブの醍醐味。

それを覚悟で日々精進しましょう!

ちなみに
準備不足で真っ白になったら?

それはもう自業自得、
論外ですね。

https://president-speech.com/wp-content/uploads/2022/05/D4900E79-BF86-45B2-A70D-8FB20F314B0F-460x460.jpeg

ちなみに、クリス・コナーが歌ったの曲名は ”Black Coffee “

スピーチは眉間にしわを寄せて苦しむものではありません。
聞き手と共に共有するビジネスのエンターテイメント。そう思っていただけるように、スピーチトレーニングを提供しています。

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。
▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service
▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case
▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

ボイスイメージ では「この方が伝わるように話すには、何が課題か?」を探り、お一人おひとりに最も適したサービスを提供しております。まずはお気軽にご相談ください。

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

関連記事

おすすめ記事

TOP