弊社ではオンライン等を活用したサービスを提供しております。

気持ちよく聞き取りやすい声を出すこと、話す内容構成力を高めること、そして表情ある話し方をすること。これら全てに対応可能です。

この記事ではまず「声」に関して、オンラインでのご提供状況を紹介します。

全サービスをオンライン化

弊社の全サービスはオンライン化に対応して、稼働中です。

【オンライン対応中のサービス】

  1. 経営者のスピーチマンツーマントレーニング
  2. スピーチコンサルティング
  3. 分析業務
  4. 研修事業(グループ学習)

Zoom、LINE、スカイプ、メールや電話等を活用しています。

 

オンラインで声のアドバイスができる理由

(1)オンライン環境を見越して、お声を聴く

オンラインで声をお聞きする際、マイクや話す場所など、オンライン環境によって声の届き方、聞こえ方が左右されるという課題があります。

その環境による影響を見越した上で、

・いまお客様がどのような声の出し方をしているか

・体は適切に使えているのか

等、対面時と同様に全体から部分を分析してアドバイスいたします。

画面を通してお顔や姿勢、体の使い方も拝見できます(それが部分的であっても問題ありません)ので、一声お聞きすれば「声の現状把握」ができます。

 

(2)イメージしやすいよう、改善方法をお伝えする

現状把握した内容は、わかりやすくお客様にご説明します。

例えば、言葉がはっきり聞き取れない、そんな状況の場合は、

「今、声そのものは出ています。ですが、ご自身で「出ていない」とお感じになる理由は、最終的な声の出口である口の動きが弱い、水道なら蛇口が狭くなっているのです。そのため、出てくる水、つまり言葉がもごもごして聞こえるのです。改善策として、まず口をはっきり動かす体操をしましょう」

このように、具体例を交えてイメージしやすいように、お一人お一人に合わせてわかりやすく言語化してお伝えします。

また、こちらから画面を通じて見本を示す際も、ご覧いただきやすい工夫を凝らして実施いたします。

これらの点は対面と何ら変わりません。

オンラインで学ぶポイントは、

「いかにわかりやすく、想像力を働かせながら集中していただけるか」

初めは慣れないとお感じになるかも知れませんが、工夫を凝らしてコミュニケーションし、対面と遜色ないフィードバックとアドバイスを心がけております。

 

(3)声を出しにくい環境への配慮

お客様の状況により、お声を出しにくい環境下にいらっしゃる場合があります。

その際、比較的ご都合のよい時間帯をうかがったり、トレーニング内容に柔軟性を持たせたメニュー作りにも配慮いたします。

大きな声は出さず、会話時と同等の音量で、はっきり話す練習を中心にする方法もあります。

実際のところ「声が出にくい」「聞き取りにくいと言われる」「語尾が聞こえない」「聞き返される」「話すと喉が痛くなる」など、声に関する様々な課題のを解決するためには「呼吸法と体の使い方」が解決の鍵になることがほとんどです。体操や呼吸練習であれば、大きな音は出ません。

声を良くするためには、必ずしも大きな声を出さなくてはいけない、ということではないのです。

 

オンライントレーニングの利点

これまでの実績から、オンライン実施ならではの利点も複数あることがわかっています。

・時間や場所の融通が効きやすく、スケジューリングしていただきやすい

・遠方からお出かけいただくコストと移動時間がかからない

・対面とは別の形で集中でき、学べる

・スピーチトレーニングを通じて、オンラインコミュニケーションのコツも学べる

対面とオンラインでは物理的な「場」が異なりますが、このちがいを考慮し、然るべき対応をした上であれば、伝える・伝わること=スピーチ自体になんらちがいはございません。

オンラインでの会議や動画発信が多くなっている今、話す力を磨けば、なお一層コミュニケーション力が高まるでしょう。

また、ポストコロナとなった暁には、堂々と人前に立って話すための着実な一歩につながります。

 

オンラインであろうとリアルの対面であろうと、スピーチプレゼンが世の中にはもたらす影響力は消えません。

リーダーのスピーチやプレゼンに関して、オンラインでサービスを実施しています。どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼

今こそ社長のメッセージで社員をモチベーションアップしませんか?

弊社がお手伝いいたします。お気軽にお問い合わせください。

▶︎お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介中!

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

 

社長、顔こわばってます|リーダーのコミュニケーション術