オンラインでの会議やスピーチ、だいぶ慣れてきた最近ですが「やっぱり伝わらない気がする」というお声も聞きます。

物理的距離と環境は変えられませんが、捉え方次第で「オンラインの場の力」を活かすことができます。

 

あるセミナーでこんな体験をしました(コロナ前)。

会場は予想以上に狭く、参加者が入ったらほぼ余裕がなさそう。心配しながらスタートしたところ、狭い会場がライブハウスのようなエネルギーを生み、深い学びとなりました。

一方、反対の経験もあります。

体育館のように広い場所で研修をすることになり、場がなかなか温まらない。そこで参加者にぎゅっと一箇所に集まってもらって人口密度を高め、なんとか完了しました。

これらのことからわかるように、コミュニケーションは「人との距離」「空間」そして「時間」が凝縮した3密状態の方がうまく行くのです。

 

オンラインもバーチャルな3密として取り組めば良いのだと気づき、私はこんな風に意識しています。

・画面に集まった人同士の距離は視覚的には近い。

・参加者一人一人と挨拶を交わし、つながりを作る。

・1時間の予定を40分にするなど、濃厚な時間で集中する。

 

オンラインで安全な3密。できるところからぜひお試しください。

 

西武ライオンズさまにコミュニケーション研修〜オンライン実施