おにぎり、美味しいですね。

白いご飯と少しのおかず、お塩。

お茶碗の中だったら少し物足りないかもしれない。

でも具合良くぎゅっと握ってあるから、おにぎりは美味しいのです。

 

ぎゅっと詰まった場の力に気づいたのは、あるセミナーのとき。

会場が思いのほか狭く、参加者が入ったらほぼ余裕がないだろうと予想されました。(コロナ前です)

でも、始まってみると会場全体が一つになり、思った以上の成果が出ました。ご参加のみなさまもとても満足してくださいました。

室内のエネルギーがぎゅっとなり、いい場になったのです。

 

その逆もあります。

20名弱の方々にスピーチトレーニングしたとき。訳あって巨大な体育館のような会場でした。

がらーんとした空間に放り出されたようになってしまい、場が温まらない。

困った。

そこで、あえて一箇所に皆様を集め、参加者お一人お一人と関わる時間を増やし、場の熱を上げようとがんばりました。

 

人と人との距離が近く密度も高い3密の場は、活気が出ます。だから話しやすいし伝わりやすい。

リアルでは今難しいですけれど、オンラインならバーチャル3蜜ができる。リアル以上に準備を念入りにし、画面の中の人たち向けて、強い集中力で伝えましょう。

 

3密はエネルギー創造の場。

ご飯とおかずが具合良く密着するおにぎりは、だから美味しいんですね。

 

本音しか伝わらない時代、どう話す?トークライブ 10/22(木)19:30〜

 

▼▼▼3蜜の場で、記憶に残る一言を話すために(おすすめ記事)▼▼▼

記憶に残る言葉を話すには|社長のスピーチ準備必殺技

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です