「ご参加の皆さんに、ひとことづつ、自己紹介していただきましょうか」

こんな場面、ありますよね。

新たな会合やオンライン勉強会の初回など、自己紹介は誰もが行うスピーチ。

ビジネスの始まりの瞬間かもしれません。慌てず、大切にしたいですね。

 

そのために、予め準備しておきましょう。

でも、話す場面もさまざま、いくつかパターンが必要?

となるとちょっと面倒・・・

 

そんな時、まず基本形を持っておくのが得策。

応用も効く弊社オリジナルの基本フォーマット「名刺がわりの自己紹介」をご紹介します。

 

特長は、必要最低限の要素が入っていながら30秒で話せること。

実際に私が使っているものをご紹介します。

 

「皆様初めまして。ボイスイメージ株式会社、代表の森裕喜子でございます。

人前での発信力・影響力を高めたい経営者の方に、スピーチのトレーニング、コンサルティングを提供しております。

トップリーダーのコミュニケーション力向上を通じて、お客様のビジネスを支援しております。

森裕喜子でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます」

 

ごく普通に聞こえると思いますが、

・誰に向けたどんな仕事(サービス)なのか

・どんな価値を提供できるのか

ビジネス情報もがっちり含めています。

 

まとめる際は、声に出して仕上げることがポイント。

名前や肩書きはフルスペックでお話しください。公式感がちがいます。

 

これを基本として持っておき、場面に応じて一言二言加えれば応用できます。

ただし長くならないよう、せいぜい1分くらいが良いですね。

 

きちんと自己紹介することは、お相手への敬意の表れ。

照れたりおざなりにせず、出会いを大切にしましょう!

 

話す内容をまとめる近道:頭ではなく「声」を使う

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact