「それでは本日ご参加の皆さんに、ひとことづつ、自己紹介していただきましょうか」

こんな場面、よくありますね。

 

新たな会合やオンライン勉強会の初回など、

自己紹介は誰もが何度も行うスピーチの代表格。

ビジネスの始まりかもしれませんから、適当にすませてしまうのはもったいない。

このチャンスを大切に思うなら、予め準備しておきたいですね。

 

・・・とはいっても、

実際、話す場面もさまざま。

複数用意しておくのは面倒。

 

そこで、まず基本形を持っておき、随時応用するようにすれば良いですね。

 

弊社オリジナルの基本フォーマット「名刺がわりの自己紹介」を使って、パッと簡潔に内容がまとめることができます。

必要最低限の要素が入っていますが、30秒で話せる基本形です。

 

実際に私が使っているものでご紹介します。

 

「皆様初めまして。ボイスイメージ株式会社、代表の森裕喜子でございます。

人前での発信力・影響力を高めたい経営者の方に、スピーチのトレーニング、コンサルティングを提供しております。

トップリーダーのコミュニケーション力向上を通じて、お客様のビジネスを支援しております。

森裕喜子でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます」

 

ごく普通に聞こえると思いますが、よく見るとビジネスに必要な要素をバッチリ入れてあります。

・どなたに向けた、どんな仕事(サービス)か

・その仕事で、どんな価値を提供するか

・名前は最初と最後に繰り返し、記憶に残す

 

まとめる際のコツは、声に出して仕上げること。そうすれば話しやすい言い回しが見つかります。

そして注意点。

名前や肩書きは省略せず、フルスペックでゆっくりとお話しください!

ここは強くお伝えしておきます。なぜかというと、自分の名前もきっちりと発していない方がとても多いからです!

 

この基本を持っておき、話す場面に応じて一言二言を加える。

そうすれば、いざというとき、どこでも使えます。

 

照れたり、おざなりにせず、きちんと自己紹介するのはお相手への敬意。

出会いを大切に思う気持ちを、声と言葉でお相手に届けましょう。

 

話す内容をまとめる近道:頭ではなく「声」を使う

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact