毎月お会いする方が、ある時、際立ってビシッとしたお姿に見えました。

 

「昨日、床屋に行ったんですよ」

 

どうりで。

髪が決まっていたから姿全体もちがって見えたのです。

ちょっと見惚れました。

 

頭髪は、視覚的には「顔の額縁」。絵や写真を額に入れると見映えがするように、髪が顔を引き立てるのです。

 

スピーチなど人前に出る際の髪型は「顔の輪郭・目・耳を隠さない」が条件。

こう書くと「七三分け」しかオプションがないように聞こえますが、そうではありません。

この条件にあてはまれば、茂木健一郎さんやベートーベンのようなロン毛の巻毛でも良いのです。個性も大切に!

 

オンライン時代の今は、なおさら髪型に気をつけたいですね。最初からパソコン画面という額縁に入って写りますから、決め過ぎくらいで「画面映え」します。

 

スーツを新調するより、頻繁に床屋さんへ行く方がコストパフォーマンスが高い!と私は思います。

 

リアリティを追求する|ジャパネット高田社長プレゼン分析3

 

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。

▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service

▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case

▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact