意外と気づかない!あなたのプレゼン評価を下げる小さな「癖」

成功マインドセット

こんにちは、森裕喜子です。

スピーチやプレゼン。本番に備えて準備をしたり、練習もされるでしょう。
話の構成や言葉遣い、資料の見せ方など、工夫もされるでしょう。

そんなあなたが話す最中、周囲はどこを見て評価するか?

内容や言語以外の「非言語」は影響が大きいのです。例えば話すときの体の癖。
実際こんなことがありました。

 

自分は癖に気づかない

某組織の研修が始まる前、
担当者から頼まれました。

「部長がレーザーポインターをグルグルするんです。ちょっと困っていまして。
本人が傷つかないように、うまくご指摘いただけますか?」

部長本人には直接言いづらいから
講師から上手く指摘して欲しい
というのです。

プレゼン本体よりも
困った話し方に注意が向いてしまうんですね。

こういったケース、少なくありません。

研修を進めながら
うまく含めるようにし、
部長さんの癖は改善されました。

非言語は本音?

プレゼンしている本人は話すことに夢中。

だから
ポインターをぐるぐる動かしすぎていることに
気づきません。

一方、
聴衆は話す人の仕草や癖など
「非言語」にとても敏感。

話す人の心理や人間性を
非言語に感じ取ろうとするからです。

「話の中身はいいけど、話し方が落ち着いていないから・・・」
あなたの些細な非言語の癖が
プレゼン全体の評価を
下げてしまっているかもしれません。

動くものに要注意

人の癖の中でも
改善すべきなのは
「どこかが動く癖」です。

最も多いのは

・目線
・手や指(ジェスチャー)
・足元

手や指先が意味なく動いたり、
目がキョロキョロしたり。
足元の向きを頻繁に変えて落ち着かない、
などです。

このような「余計な動き」は
心理状態から起こりますが、
見た目にも安定感がなく、
信頼を欠くのです。

自分の癖に気づく

癖は自分で気づけないところが怖い。

手っ取り早く自分の癖を把握するには、
プレゼン練習や本番を
動画で撮影して、見ます。

ほとんどの人が
自分の動画を見ることを嫌がりますが、
現状把握には一番です。

根本対策は「自然体」の獲得

癖に気づいたら、次は対策。

スピーチでは
「余計なことをしない」が大原則。

それにはまず
自然体で、安定して立つことがスタート。

ポインターぐるぐるのような癖は
意識すれば改善されます。

小さな癖で評価が下がるなんて、
ちょっと馬鹿らしいですね。

余計な癖は捨てて、
本来の自分の姿で
パワフルに伝えましょう!

 

スピーチトレーニングは、弱点や癖が個性に変換できるようなサポートをしております。
すべては、あなたご自身本来の発信力を引き出していただくために・・・。
具体的事例をHPでご紹介しています。

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。
▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service
▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case
▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

ボイスイメージ では「この方が伝わるように話すには、何が課題か?」を探り、お一人おひとりに最も適したサービスを提供しております。まずはお気軽にご相談ください。

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

関連記事

おすすめ記事

TOP