落ち着いてプレゼンしたい人へ|ポインターをグルグルしない

★今すぐできる

こんにちは、森裕喜子です。

人前に出ると、誰だって緊張します。私もします。緊張はやる気の証拠だから悪いことではありません。

でも、無意識に自分の「いつもの癖」が余計に緊張を加速させることもあります。
例えばプレゼンの時、ついポインターをぐるぐる動かしていませんか?

 

ある部長の癖

某組織の研修で
担当の方から頼まれました。

「部長がレーザーポインターを
グルグルするんです。

社内でちょっと困っていまして。
うまくご指摘いただけますか?」

人は動くものに目を奪われる

人前に出た時の所作、
聴衆はあなた以上に
しっかりあなたを見ています。

怖。

特に、人は動くものに目を奪われます。

・話し手の表情やジェスチャー
・スライド資料のアニメーションや動画
そして
・ポインターの光

それにしてもポインター、
なぜグルグル回したくなるんでしょう?

ぐるぐる回す理由

新聞を読んで
気になったらところがあると、
赤ペンで印をつける。

そんな癖、ありました。

もしかしたら
プレゼンのポインターも
それと同じ感覚かも?

「みなさん、ここ見てください〜」と
グルグルしたくなるんでしょうかね。

些細なことですが、
聞き手は目がチカチカ、
かなりのノイズです。

そして人々の記憶に残るのは、
プレゼンよりも赤い光のぐるぐるだけ。

先ほどの部長さんのように。

道具でプレゼンを楽しく

ポインターは
目立たせたいところに当てて、
赤くポチッと点で指し示せば十分。

どうしても動かしたかったら、
ゆっくり一回
ぐるりと丸で囲みましょう。

ポインター使いは
マイクの持ち方と似ておりまして
話す姿にも影響します。

ご注意を。

 

https://president-speech.com/wp-content/uploads/2022/04/yukiko_mori_icon-a-e1652257789649-460x460.jpg

無くて七癖、といいますよね〜 自分では気づかないから 厄介です・・・

スピーチトレーニングは、癖も個性に変換できるサポートをしております。
すべては、あなたご自身本来の発信力を引き出していただくために・・・。
具体的事例をHPでご紹介しています。

公式ホームページで詳しいサービスや実績をご紹介しています。
▶︎トレーニングメソッド・各種サービス  https://voice-image.com/service
▶︎業務実績・事例    https://voice-image.com/case
▶︎各種お問い合わせ先  https://voice-image.com/contact

ボイスイメージ では「この方が伝わるように話すには、何が課題か?」を探り、お一人おひとりに最も適したサービスを提供しております。まずはお気軽にご相談ください。

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

関連記事

森 裕喜子

森 裕喜子

トップリーダー、トップアスリートのスピーチプレゼン戦略 VIC/伝える力でマーケティングする。スパルタトレーニングとコンサルティングをしております。

TOP